コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タムラソウ

3件 の用語解説(タムラソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タムラソウ

タマボウキとも。キク科の多年草。本州〜九州,朝鮮半島の暖〜温帯に分布し,山の草地にはえる。茎は高さ30〜140cm,葉は6〜7対羽状に全裂,とげはない。8〜10月,長い枝の先にアザミに似た径3〜4cmの紅紫色の頭花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タムラソウ【sawwort】

本州,四国,九州および朝鮮に分布し,山地の草原に生えるアザミに似たキク科の多年草(イラスト)。基本亜種ssp.coronataは中国北部,シベリアからヨーロッパにかけて分布している。茎の高さは30~140cm,葉は互生し,上葉には柄がなく,下葉になるにつれて柄が長くなり,葉身が羽状に深く裂けており,縁にあらい鋸歯がある。アザミのような鋭いとげはなく,両面に細かな白毛がある。8~10月に長い茎の頂に紅紫色の頭花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タムラソウ
たむらそう
[学]Serratula coronata L. subsp. insularis (Iljin) Kitam.

キク科の多年草。根茎はやや太い木質で、茎は直立し、高さ1.5メートルに達する。葉は大形で羽状に切れ込み、質が薄く、刺(とげ)はない。8~11月、茎の上部に枝を分け、その先に大きな赤紫色の頭花をつける。頭花は中性の細い管状花と両性の太い管状花からなり、花柱の先は二分して開出する。総包片は多数で密に重なる。花床には鱗片(りんぺん)状の剛毛がある。痩果(そうか)は円柱形で無毛。冠毛は羽毛状にならない。アザミの類に似るが、葉に刺がなく、花柱分枝が開出し、冠毛が羽毛状でないなどの点で異なる。山地の開けた草地や高原に生え、本州から九州、朝鮮半島に分布する。基本亜種subsp. coronataはシベリアからヨーロッパにかけて分布する。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タムラソウの関連キーワード四国地方舌咽神経叡山菫川鼠米栂たむしば月輪熊神戸土竜紅灯台木蝋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タムラソウの関連情報