コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タモギタケ タモギタケPleurotus cornucopiae

2件 の用語解説(タモギタケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タモギタケ
Pleurotus cornucopiae

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。一名ニレタケ。夏秋の頃,ニレその他の広葉樹の枯れた幹や切り株にたくさん重なり合って生える。径4~12cmの丸山形ないし扁平,ときとして押されて不整形になったり半円形になる。表面は黄白色でしばしば灰色または褐色を帯びる。裏面は垂生のひだがあり,柄は側生に近く,ときに無柄である。ヒラタケに非常によく似ている。食用となる。北海道,本州に産し,北アメリカ,ヨーロッパ,中国,小アジア,シベリアに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タモギタケ【Pleurotus citrinopileatus Sing.】

独特の味と香りをもつ担子菌類シメジ科のキノコ。かさは径1~12cm,円形で中央部がくぼみ,淡橙黄色~レモン色。ひだは白色で茎に垂生する。茎は長さ2~10cm,根もとで多数が合着するか,あるいはサンゴ状に枝分れする。胞子は円柱形,7.5~11μ×3.5~5μ。夏から秋にニレ,ブナ,カエデ,ナラなどの枯木や切株に群生する。美味な食用キノコで類似の毒キノコはない。日本ではおもに北海道で栽培している。北半球温帯以北に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タモギタケの関連情報