コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タモギタケ タモギタケ Pleurotus cornucopiae

2件 の用語解説(タモギタケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タモギタケ
タモギタケ
Pleurotus cornucopiae

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。一名ニレタケ。夏秋の頃,ニレその他の広葉樹の枯れた幹や切り株にたくさん重なり合って生える。径4~12cmの丸山形ないし扁平,ときとして押されて不整形になったり半円形になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タモギタケ【Pleurotus citrinopileatus Sing.】

独特の味と香りをもつ担子菌類シメジ科のキノコ。かさは径1~12cm,円形で中央部がくぼみ,淡橙黄色~レモン色。ひだは白色で茎に垂生する。茎は長さ2~10cm,根もとで多数が合着するか,あるいはサンゴ状に枝分れする。胞子は円柱形,7.5~11μ×3.5~5μ。夏から秋にニレ,ブナ,カエデ,ナラなどの枯木や切株に群生する。美味な食用キノコで類似の毒キノコはない。日本ではおもに北海道で栽培している。北半球温帯以北に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タモギタケの関連キーワードカキシメジ(柿占地)シメジ(占地)ホンシメジ担子器紫湿地黄占地千本占地橅湿地シメジ半担子菌類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タモギタケの関連情報