コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラカン島 タラカンとう Pulau Tarakan

3件 の用語解説(タラカン島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タラカン島
タラカンとう
Pulau Tarakan

インドネシア,ボルネオ島カリマンタンの東岸北部にある島。ササヤップ川河口に形成された洲の一つ。石油鉱床があり,19世紀末からオランダ系資本が開発し,南西岸にあるタラカンは原油積出港として繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タラカン‐とう〔‐タウ〕【タラカン島】

Pulau Tarakan》インドネシア、カリマンタン島(ボルネオ島)北東岸沖に浮かぶ島。周辺で石油を産し、19世紀末より英蘭系会社により採掘開始。日本統治時代は日本本土や日本軍への石油供給の拠点になった。現在はインドネシアの国有会社が採掘を続けている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タラカン島
たらかんとう
Pulau Tarakan

インドネシア北部、ボルネオ島北東岸にある島。セサヤップ川の河口に位置する。面積384平方キロメートル。石油の産地として知られ、19世紀の末にロイヤル・ダッチ石油会社(イギリス・オランダ系)によって開発され、その後バターフシェ石油会社(BPM)に引き継がれた。油田は南東部のパムーシアン油田と北西部のジョアタ油田があり、良質の重油、軽油などの燃料油が大部分である。中心地のタラカンは原油の積出し港で、住民の大半は石油関係者で占められる。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タラカン島の関連キーワードインド綿ウインドタラカンマインドインドアーリア語インド黄カインドハンドインハンド東インドフレデリクヘンドリク島

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone