コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンパク質分解酵素(蛋白質分解酵素) たんぱくしつぶんかいこうそprotease

翻訳|protease

世界大百科事典 第2版の解説

たんぱくしつぶんかいこうそ【タンパク質分解酵素(蛋白質分解酵素) protease】

タンパク質のペプチド結合を加水分解(消化)する酵素。プロテアーゼともいう。酵素分子の活性中心の違いによって以下の四つに分類される。セリン残基を活性中心に含むセリンプロテアーゼ(トリプシン,キモトリプシンなど),システイン残基を含むチオールプロテアーゼ(パパインなど),酸性アミノ酸を活性中心に含む酸性プロテアーゼ(ペプシンなど),補酵素として金属イオンを含む金属プロテアーゼ(カルボキシペプチダーゼAなど)である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタンパク質分解酵素(蛋白質分解酵素)の言及

【消化酵素】より

…以上の各段階で,各種の消化酵素が関与する。 消化酵素にはタンパク質,炭水化物(デンプン),脂肪,核酸のそれぞれを分解し,小分子にするものがあり,タンパク質分解酵素,炭水化物(デンプン)分解酵素,脂肪分解酵素,核酸分解酵素と呼ばれる。最終産物は,炭水化物→二糖類,単糖類(グルコース),タンパク質→ジペプチド,アミノ酸,脂肪→脂肪酸とグリセロールである。…

※「タンパク質分解酵素(蛋白質分解酵素)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android