コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターキン ターキンBudorcas taxicolor; takin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターキン
Budorcas taxicolor; takin

偶蹄目ウシ科。体長 2m,体高 1.1mをこえるウシ形の動物で,ジャコウウシに最も近縁な種。雌雄ともに太い角をもつ。角は外側に向って伸び,先端は後方に曲る特異な形をしている。ブータン,ミャンマー北部,中国に分布し,夏は標高 3000mぐらいの高地に集り,冬は低地に移動する。体色は産地により異なり,背に黒い縞があるスーチョワンターキン B. t. tibetan,全身金色のゴールデンターキン B. t. bedfordiなどの亜種がある。国際保護動物に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ターキン(takin)

ウシ科の哺乳類。大形のカモシカで、体高約1.2メートル。がっしりした体つきで、角は水平に伸びる。中国南西部・ヒマラヤ東部・ミャンマー北部に分布。国際保護動物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ターキン【takin】

ジャコウウシに近縁な偶蹄目ウシ科の哺乳類。ブータン,チベット南東部から中国中部,ミャンマー北部などの山岳地帯に分布。体長120cm,尾長10cmほどで,肩高76~107cm,体重230~275kg。体はがんじょうで四肢は太く,ひづめも大きく,岩場での生活に適する。角は雌雄ともにあり,基部が太く短い。体毛は厚く,黄白色から黄褐色黒褐色まで変異がある。標高2400mから4300mまでの高山帯に茂る灌木林に群れですみ,決まった通路を巡回しながら草や葉などを食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ターキン
たーきん
takin
[学]Budorcas taxicolor

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。別名ブドルカとよばれ、ジャコウウシに近縁。小さな群れをなし、冬はしのぎやすい低山帯へ降り、夏は高山に新鮮な草を求める。体形はウシによく似る。大きな頭で鼻口部の幅は広い。角(つの)は雄雌ともに生え、両わきに伸びたあと弓形に反り上がる。体は頑丈で、前後肢は太くて短い。3亜種が知られる。基亜種アッサムターキンB. t. taxicolorは肩高100~120センチメートルで、ネパール、インドのアッサム、ブータンに分布し、秘境の山岳地帯の標高2500~4000メートルにすみ、シャクナゲやササを食べて暮らす。体色は黄金色や赤褐色で、体毛のところどころに黒色が混じる。スーチョワンターキンB. t. tibetanaは中国四川(しせん)(スーチョワン)省に分布。体色はぼやけた黄色や赤灰色、銀灰色で黒斑(こくはん)は目だたない。シャンシーターキンB. t. bedfordiは中国山西(シャンシー)省南部の聖山、太白山に分布する。
 3亜種ともに繁殖期は7~8月で、3~4月ごろ1子を産む。子は3日で母親の後をついて歩く。生息数はきわめて少ない。スーチョワンターキンとシャンシーターキンの2亜種は、かつて肉が珍重されたため乱獲され、個体数が激減した。現在は両者とも生息数は知られていないが、推定で200~300頭ぐらいといわれている。そのため、中国では厳格に守られて、保護第一級動物に指定されている。[北原正宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ターキンの関連キーワードスターキングへの帰還ジグメドルジ国立公園スターキング対馬 竹五郎ズーラシア対馬竹五郎北京動物園7月29日天界の王リンゴ枝変り

ターキンの関連情報