コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウランド Dowland, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウランド
Dowland, John

[生]1562/1563. ダブリン近郊
[没]1626.1.21. ロンドン
イギリスの作曲家,リュート奏者。 1580年頃からイギリス大使 H.コバムに仕え,フランス,ドイツなどで過し,88年オックスフォード大学から音楽学士号を受けた。ローマ・カトリック教徒であったため,イギリス王室では地位が得られず,ベネチアフィレンツェなどに滞在したのち,98~1606年デンマークのクリスティアン4世にリュート奏者として仕え,宗教問題解決後ロンドンに戻って,12~26年イギリス王室付きリュート奏者となり,演奏家としても作曲家としても名声を得た。4巻のリュート伴奏付き歌曲集をはじめ多くの歌曲,リュート曲を作曲した。『涙のパバーヌ』が特に有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ダウランド

イギリスの作曲家,リュート奏者。生地と生い立ちは不詳で,アイルランド人の家系とする説もある。前半生は地位に恵まれず,大陸に渡って各地を転々とした。1612年,念願のイギリス王室リュート奏者に任命され,以後ロンドンで活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダウランド【John Dowland】

1563‐1626
イギリスの作曲家。生い立ちは不詳。フランス大使に仕え,1580‐82年には大陸で生活していた。帰国後急速にリュート奏者としての名声を高め,88年にはオックスフォード大学から音楽学士の学位を得た。94年にイギリス宮廷への仕官に失敗した後,再び大陸に渡り各国を歴訪し,1598‐1606年にはデンマーク国王付きリュート奏者として活躍した。06年にロンドンに戻り,12年に念願のイギリス国王付きリュート奏者に任命された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダウランド
だうらんど
John Dowland
(1563―1626)

イギリスの作曲家、リュート奏者。出生地は彼自身の記述によるとロンドンだが、これには異説も多い。1580年からパリ、ブラウンシュワイクおよびヘッセンの宮廷、ローマ、フィレンツェなどで活躍したあと、98年からデンマーク王クリスティアン4世の宮廷でリュート奏者を務めた。1606年にイギリスに戻り、12年ジェームズ1世の宮廷リュート奏者となって、死の年まで王室で活躍した。ダウランドは、エリザベス1世からジェームズ1世にかけての時代を代表するリュート歌曲とリュート独奏曲の作曲家であり、86曲のリュート歌曲、約80曲のリュート独奏曲を残している。ほかに、宗教声楽曲や器楽合奏曲なども書いた。なかでもリュート歌曲『流れよ、わが涙』Flow my tearsの旋律は当時たいへんな人気を博し、ダウランド自身、その旋律によるリュート独奏曲や器楽合奏曲を書いているほか、当時の多くの作曲家が、その旋律に基づく器楽曲を残した。ロンドンに没。[今谷和徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のダウランドの言及

【歌曲】より

…ドイツの多声リートは,野の花のような素朴さの中にロマンティックな憧れを秘め,イザークの4声の歌曲《インスブルックよ,さようなら》などの佳曲を生んだ。これらの多声歌曲と並んで,手近な楽器リュートを伴奏とする歌曲も行われ,イギリスのダウランドによる《流れよ,わが涙》(《涙のパバーヌ》の名でも知られる)のように一世を風靡する曲も現れた。 つづく17~18世紀は,劇音楽の隆盛と抒情詩の低迷という二つの要因が重なって,全般的に歌曲は振るわなかった。…

※「ダウランド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダウランドの関連キーワードデラー・コンソートエマ カークビーザ・コンソールトビルトゥオーソイギリス音楽スティング練習曲

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダウランドの関連情報