コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダビット David, Gerard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダビット
David, Gerard

[生]1460頃.アウデワーテル
[没]1523.8.13. ブリュージュ
フランドルの画家。最初ハールレムで G.トット・シント・ヤンスの影響を受け,のちイタリアで一時過したとみられるが,1483年ブリュージュに移住,画家組合に加入した。同地では H.メムリンクの影響を受け,彼の死後 1501年には画家組合長となった。 15~21年にはアムステルダムでも制作している。細密画家としてもすぐれ,フランドル絵画の伝統をふまえて異様な静謐感や迫力あふれる絵を描き,ブリュージュ派の最後を飾る巨匠となった。作品はキリストの洗礼を主題とした『ヤン・デ・トロンプの祭壇画』 (1502~08,ブリュージュ,市立美術館) ,ブリュージュのカルメル会修道院のための『天使,聖人たちに囲まれた聖母子』 (09,ルーアン,市立美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダビット(Gerard David)

[1460?~1523]オランダの画家。静穏な宗教画肖像画を多く制作。作「キリストの洗礼」「エジプト遁走中の休憩」など。ダビト。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ダビットの関連キーワードロビンソン一家漂流記フルーニンゲ美術館国際数学者会議フランコ ネロリーマンの仮説マンフォード三輪バイク高階 哲夫鈴木未央子救命設備ベーカー安齋慶美土地同盟ヘーム家教育令ヘーム

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android