コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマジカ fallow deer

翻訳|fallow deer

3件 の用語解説(ダマジカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダマジカ【fallow deer】

先が手のひら状に広がった特異な扁平な角をもつヨーロッパ小アジア産のシカ(イラスト)。偶蹄目シカ科の哺乳類。耳が短く,尾は長い。体色は夏毛ではふつう赤褐色の地に白い斑点があり,冬毛では灰褐色。ただし,変化に富みほとんど黒色から白色まである。角は雄のみにあり,先の扁平な部分は,ヘラジカの角に似るが,根もとの部分は他のシカ類同様枝分れする。体長130~175cm,尾長15~23cm,体重40~100kg。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダマジカ
ダマジカ

ファロージカ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダマジカ
だまじか
fallow deer
[学]Cervus dama

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。ファロージカともいう。同科ダマジカ亜属の中形のシカで、体長130~140センチメートル、肩高80~90センチメートル、体重30~85キログラム。体つきはがっしりしている。角(つの)がほかのシカと異なり、第3枝が手のひら状に広がっている。夏毛は赤褐色に小白斑(はくはん)を有するが、冬毛では灰褐色となり、白斑は消える。環境適応力に富み、原産地のヨーロッパや小アジアのほか、アメリカ、アフリカ南部、オーストラリア、ニュージーランドなどに移入され、各地で増殖している。人為的な繁殖の結果、白色や黒色のものもある。ヨーロッパの公園では、もっとも普通にみられる動物の一つである。発情期は10月、7~8か月の妊娠期間を経て、初夏に普通1子、ときに2、3子を産む。寿命は15年ほどである。
 ダマジカ亜属にはヨーロッパに広く産するダマジカのほかに、イランダマジカC. mesopotamicaがある。ダマジカより体格は大きく、肩高105センチメートルになり、体重200キログラムに達する。角はやや平たいが、ダマジカのように手のひら状にならず、枝分れしている。かつてはシリア、パレスチナ、イラク、エチオピア北部にまで分布したが、現在はイラン南部の限られた地域に少数が生息しているだけである。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダマジカの関連キーワードパーム嵐草千鳥草粽笹掌・手のひら針桐針蕗紅葉羽熊手の平手の平を返す

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone