コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダレーン Dalén, Nils Gustaf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダレーン
Dalén, Nils Gustaf

[生]1869.11.30. ステンストルプ
[没]1937.12.9. ストックホルム
スウェーデンの技術者。エーテボリチューリヒで工学を学んだ。 1906年ガス貯蔵会社の主任技師となった。無人ガス灯台用に夜間など必要な時にだけ燃料を供給する自動装置を発明,広範に用いられた。 12年にこの業績によりノーベル物理学賞を受賞。その翌年,実験中の事故のため失明したが,その後も研究に励んだ。熱気タービン,搾乳器などの発明でも知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ダレーン

スウェーデンの技術家,発明家。イェーテボリの工科大学を出て,蒸気タービン,圧縮機,空気ポンプを改良した。1901年カーバイド・アセチレン会社(後のガスアキュムレーター会社)の技術主任となり,1907年アセチレンガス灯を自動的に点灯する自動調節器〈ソルベンチル〉を発明,1912年ノーベル物理学賞を受賞した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダレーン
だれーん
Nils Gustaf Daln
(1869―1937)

スウェーデンの発明家。イェーテボリのカルマル工業学校を卒業後チューリヒ工科大学に学ぶ。帰国後ガス・アキュミュレーター会社に入社、蒸気タービンその他の機械を発明し、1906年技師長となり、爆発の危険なしにアセチレンを吸収する製品を開発し、ガス・アキュミュレーターの自動調節器を発明した。この調節器により無人灯台の自動照明が可能となり、その業績により1912年ノーベル物理学賞を受けた。翌1913年ガス爆発のため失明したが、死ぬまで実験を続けた。1924年に発明したストーブ兼用の台所調理器(オーブン・レンジ)も知られる。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダレーンの関連キーワードカーダレーン

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android