コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチコグサ(父子草) チチコグサGnaphalium japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チチコグサ(父子草)
チチコグサ
Gnaphalium japonicum

キク科の小型の多年草で,アジア東部の暖温帯から温帯に分布する。日本各地の山野や人家の近くに普通にみられる。地上をはう茎を出して繁殖する。根葉は長さ3~10cmで細長く,束生し,上面は緑色で下面は綿毛を密生し白色になる。花茎を数本直立して,晩春から秋にかけて,茎頂に茶褐色の頭状花をつける。和名は近縁のハハコグサ (母子草) に対して名づけられたもので,ハハコグサに比べて全体に小さく,また頭花の総包が茶色で地味なこと,花時にも根生葉が残ることなどで異なる。近年,熱帯アメリカ原産の別種チチコグサモドキ G. purpureumが帰化して各地にみられるが,根葉は束生せず,頭花は葉腋に穂状につくので区別しやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android