コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチタケ(乳茸) チチタケLactarius volemus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チチタケ(乳茸)
チチタケ
Lactarius volemus

担子菌類マツタケ目ベニタケ科。別名チダケともいう。夏から秋にかけて,広葉樹林の地上に多量に発生する。傘は橙黄色または煉瓦色で径 2.5~13cm,開ききるとほとんど平らで中央がややくぼんで漏斗形になる。茎は径7~20mm,長さ4~10cmで,傘と同色もしくはそれより淡い色をしている。胞子紋は白い。このキノコは傷つけると白い乳液を出すのでこの名がある。食用にされる。日本全土,ヨーロッパ北アメリカ,中国,小アジアに分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone