コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチュウカイミバエ チチュウカイミバエ Ceratitis capitata; Mediterranean fruit fly

2件 の用語解説(チチュウカイミバエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チチュウカイミバエ
チチュウカイミバエ
Ceratitis capitata; Mediterranean fruit fly

双翅目ミバエ科。体長 5mm内外。柑橘類をはじめブドウ,モモ,ビワ,リンゴ,ナシ,バナナパパイヤマンゴーなど 100種以上の果実果菜類に寄生する大害虫。寄生すると果実に卵を産みつけ,幼虫が果実内で繁殖して果実を腐敗させてしまう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チチュウカイミバエ
ちちゅうかいみばえ / 地中海実蠅
Mediterranean fruit fly (略称Medfly)
[学]Ceratitis capitata

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目ハエ群ミバエ科に属する昆虫。体長4.5~5ミリメートル、翅長4.5ミリメートル。色彩に富んだ美麗種で、体は主として黄褐色。上眼縁剛毛は雄では1対で太く、その先端に近い2分の1は扁平(へんぺい)になって菱(ひし)形に広がるのが特徴であり、雌では単純な2対。胸部背面は小楯板(しょうじゅんばん)を含めて光沢ある黒色で、灰白色粉よりなる特異な斑紋(はんもん)がある。はねは幅広く、透明で黄褐色ないし褐色の帯紋と、濃褐色の点紋からなる斑紋があり、はねの基部に近く、亜前縁脈の下方には、平行した線状の斑紋が認められる。脚(あし)の剛毛は雄では黄褐色で、前脚腿節(たいせつ)の背面および腹面にはとくに発達している。
 本種は各種の生果実の害虫として世界的にもっとも悪名が高く、熱帯から温帯にかけての定着地のほか日本を含む未侵入の地域からもっとも警戒されている。地中海沿岸、アフリカ、東部オーストラリア、南アメリカに広く分布するが、原産地は熱帯アフリカと推定されている。北アメリカへは過去に何度か侵入し、そのつど防除されるという事態を繰り返している。卵は乳白色のバナナ形で、長さ1ミリメートル。幼虫は皮を剥(は)いだタケノコ形の無頭のウジで、乳白色であるが、老熟すると約10ミリメートルで黄色となり、長さ3.5~5ミリメートルの褐色ないし暗褐色の囲蛹(いよう)となる。生活史は気温で著しく左右され、ハワイでは1年12世代、パリでは1年1世代を繰り返す。幼虫の加害植物は、果皮の堅い果実(パイナップルとココヤシ)を除くあらゆる果実に及ぶといわれるように、45科143種もの植物が記録されている。[伊藤修四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチチュウカイミバエの言及

【ミバエ(果実蠅)】より

ミカンコミバエ(イラスト)やウリミバエは,南西諸島や小笠原諸島で農作物の害虫として有名である。チチュウカイミバエCeratitis capitata(英名Mediterranean fruit fly)(イラスト)は,熱帯アフリカ原産と考えられているが,過去100年の間に全世界に分布を拡大し,リンゴ,オレンジ,モモ,サクランボなど多くの果実の大害虫となった。アメリカでは,過去数回,フロリダやカリフォルニアで大発生した。…

※「チチュウカイミバエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チチュウカイミバエの関連キーワードミカンコミバエイネキモグリバエ実蠅虱蠅蚤蠅シラミバエ(虱蠅)ノミバエ(蚤蠅)ミツバチシラミバエ(蜜蜂虱蠅)ミバエ(果実蠅)ミバエ科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone