チベット動乱(読み)チベットドウラン

デジタル大辞泉「チベット動乱」の解説

チベット‐どうらん【チベット動乱】

中国によるチベット統治に対して1956年に勃発した、チベット人による独立運動。中国は1950年にチベット全域を武力併合協定に違反してチベット北部の社会主義化を強行したため、反発した民衆が蜂起した。中国の人民解放軍が弾圧を強める中、1959年にダライ=ラマ14世がチベットを脱出し、インド北部に亡命政府を樹立した。
[補説]動乱から約50年を経た2008年、ラサでチベット独立を求めて騒乱が発生。暴動は間もなく鎮圧されたが、チベット民族が多く住む中国四川省をはじめ世界各地で、中国に対する抗議運動が展開された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android