チャチャチャ(英語表記)cha-cha-cha

世界大百科事典 第2版の解説

チャチャチャ【cha cha chá】

キューバのダンス音楽。19世紀末に生まれた2/4拍子のゆったりとした踊り〈ダンソンdanzón〉のリズムを歯切れよくし,音楽に歌謡的要素を強めて現代大衆音楽に仕上げたもので,キューバの伝統的なチャランガcharanga(バイオリン3~5にフルート,ピアノ,ベース,リズム・セクションなどの編成)で演奏される。創始者はバイオリン奏者のエンリケ・ホリンEnrique Jorrín。彼が1950年ころに発表した《うそつき女La Engañadora》がチャチャチャの最初の曲とされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チャチャチャ【cha-cha-chá】

1950年代に流行したラテン音楽の一。キューバのエンディゴ=ホリンが舞曲ダンソンをもとにして創始。二小節ごとにチャチャチャとはやす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャチャチャ
ちゃちゃちゃ
cha cha cha

ポピュラー音楽のリズムの形式の一つ。通常グィロ(ひょうたん形の果実の堅い表皮に刻み目をつけ、針金のブラシでこすって音を出すキューバン・バンドの打楽器)を用い、チャチャチャという感じのリズムをとるところからこの名がついたといわれる。キューバのバイオリン奏者兼楽団指揮者エンリケ・ホリンが、19世紀末から20世紀初めにかけて流行したキューバの舞曲ダンソンを改良して創始し、1950年代の中ごろ世界的な流行をみた。[永田文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチャチャチャの言及

【社交ダンス】より

…闘牛場での行進曲として名高い〈パソドブレ〉は,スペインをはじめ,ヨーロッパのラテン系諸国,中南米諸国で踊られ,第2次大戦後,イギリスでも踊られた。ペレス・プラードが編曲し発表した〈マンボ〉は1940年代末から流行し,50年代には〈チャチャチャ〉が世界的に歓迎された。同じころジャズのリズムはジルバを生み,ブギウギの曲で踊られ,第2次大戦中イギリス,フランスに上陸したアメリカ兵によって広められた。…

※「チャチャチャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャチャチャの関連情報