コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャルメラ charamela

4件 の用語解説(チャルメラの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

チャルメラ【charamela】

木管楽器の一。複簧ふくこうのリード楽器で、下部のラッパ状開口部のみが銅製。本来、オーボエの源流となった楽器をいうが、日本では、中国の嗩吶さないの類を呼ぶ。屋台のラーメン屋の客寄せや、歌舞伎の下座で用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チャルメラ

複簧(こう)の管楽器。名はポルトガル語の訛(なまり)であるが,後世中国から渡来したものらしく,起源はスルナイといわれる。中国では,先端がラッパ形に開いた大型のものをスオナー,小型のものを海笛(ハイチ)と呼び,いずれも竹製。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チャルメラ

管楽器。リード笛を意味するスペイン語およびポルトガルcharamelaの転訛したもの。表7孔,裏1孔の指孔をもつ木製の円錐管で,吹口にわらをくくりつけるのでそれがダブル・リードとして機能する。日本では屋台の中華そば売りの楽器として知られているが,歌舞伎囃子では中国情緒や下町気分を表現するときに用いる。16世紀後半にスペイン・ポルトガル系のシンチュウ製のチャルメラが伝来,16世紀末以後中国の嗩吶(さない)(スルナイ)が伝わったといわれ,前者は後代には伝わらず,名だけが残り,後者の中国系のものにチャルメラの名をあてて呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャルメラ
ちゃるめら

日本のダブル・リード(複簧(ふくこう))気鳴楽器。木製円錐(えんすい)管で、表に7、裏に1個の指孔(ゆびあな)があり、吹口に二つ裂きの藁(わら)を取り付け、口にくわえて吹奏する。中国の(ソーナー)が16世紀末に渡来して日本化したものと考えられている。一般には、「ドレミレド、ドレミレドレ」の基本旋律を即興的に変奏しながら深夜の町を流す夜鳴きそば屋の楽器として、庶民的な下町の音の一端を担ってきた。こうした背景があるため、歌舞伎囃子(かぶきばやし)で中国的な雰囲気を出したり(『国性爺合戦(こくせんやかっせん)』など)、下町の感じを出す(『髪結藤次(かみゆいとうじ)』など)のに利用され、長唄(ながうた)では『虎狩(とらがり)』『三国妖狐物語』の唐楽(とうがく)の合方(あいかた)などに用いられた。
 名称については、16世紀後半伝来の中国系とは異なるイベリア系真鍮(しんちゅう)製のものが南蛮笛とよばれたが、これは普及せず、そのポルトガル語charamelaがなまった「チャルメラ」が転用されたと考えられる。これら一連の類似楽器は、西アジアのスルナイ、またはその祖型から伝播(でんぱ)変容したのであろう。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャルメラの関連キーワードスパニッシュエステーリャスペイン王宮組曲「スペイン」スペイン岬の謎ラジオ まいにちスペイン語アヴェニダIntermediate~AVE

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャルメラの関連情報