コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャルメラ チャルメラ〈ポルトガル〉charamela

2件 の用語解説(チャルメラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チャルメラ(〈ポルトガル〉charamela)

木管楽器の一。前面に七つ、背面に一つ指孔(ゆびあな)があり、先端はアサガオ状に開く。多く屋台の中華そば屋などが用いる。唐人笛。
[補説]「哨吶」「嗩吶」「南蛮笛」とも書く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

哨吶【さない】

中国のオーボエ属の管楽器。中国語ではスオナーソーナーとも。中央アジア起源。渡来した当初(16世紀初めころ)は軍楽に,後には劇音楽や民謡,民俗舞踊に,また笛子(ディーズ)や(ション)などの楽器との合奏または独奏で,そして冠婚葬祭にも用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のチャルメラの言及

【スルナイ】より

…オーボエ属の気鳴楽器の一種。西アジアを中心に西は北アフリカ,ヨーロッパ地中海域,東はインド,東南アジア,中国と広く分布する。ダブル・リードで音を発する木製の管楽器で円錐状の管孔をもち,基本的には大部分のものが前面7孔,裏面1孔という同一の構造をもっているが,各文化圏により名称や大きさ,材質などに微妙な違いが見られる。ペルシア語の呼称は〈祭sūrの笛nāy〉の意で,トルコのズルナzurna,北インドのシャーナーイshahnāi,インドネシアのスルナイserunai等のようにペルシア語に由来した呼称が行われている一方,チベットのギャリンrgyaling,タイのピーpīなどのようにペルシア語からは遠ざかっているものもある。…

※「チャルメラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャルメラの関連情報