コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーダーエフ チャーダーエフChaadaev, Pëtr Yakovlevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャーダーエフ
Chaadaev, Pëtr Yakovlevich

[生]1794.6.7. モスクワ
[没]1856.4.26. モスクワ
ロシアの思想家。富裕な貴族の家柄に生れる。対ナポレオン戦争 (1812) に従軍,のちにデカブリストとなった。 1821年突如軍隊を辞任し,23年から3年間ヨーロッパ各地を遍歴。帰国後『哲学書簡』 Lettres philosophiquesを執筆し (27~31) ,第1書簡を『テレスコープ』誌に発表 (36) ,ロシア文明の不毛性を痛烈に指摘したため皇帝ニコライ1世から「狂人」と宣告され,翌年『狂人の弁明』 Apologie d'un fouを執筆。彼の思想はスラブ派と西欧派の論争に大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

チャーダーエフ(Pyotr Yakovlevich Chaadaev)

[1794~1856]ロシアの思想家・哲学者。主著「哲学書簡」で農奴制とギリシャ正教を批判し、これらを廃して西欧化すべきことを主張。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

チャーダーエフ【Pyotr Yakovlevich Chaadaev】

1794~1856) ロシアの思想家。主著「哲学書簡」において農奴制とギリシャ正教から成るロシアの歴史と文明を批判。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

チャーダーエフの関連キーワード葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽京杭大運河魏源ギボン恐怖政治ジャコバン派都賀庭鐘

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone