コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーダーエフ チャーダーエフ Chaadaev, Pëtr Yakovlevich

3件 の用語解説(チャーダーエフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャーダーエフ
チャーダーエフ
Chaadaev, Pëtr Yakovlevich

[生]1794.6.7. モスクワ
[没]1856.4.26. モスクワ
ロシア思想家。富裕な貴族の家柄に生れる。対ナポレオン戦争 (1812) に従軍,のちにデカブリストとなった。 1821年突如軍隊を辞任し,23年から3年間ヨーロッパ各地を遍歴。帰国後『哲学書簡』 Lettres philosophiquesを執筆し (27~31) ,第1書簡を『テレスコープ』誌に発表 (36) ,ロシア文明の不毛性を痛烈に指摘したため皇帝ニコライ1世から「狂人」と宣告され,翌年『狂人の弁明』 Apologie d'un fouを執筆。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チャーダーエフ(Pyotr Yakovlevich Chaadaev)

[1794~1856]ロシアの思想家・哲学者。主著「哲学書簡」で農奴制とギリシャ正教を批判し、これらを廃して西欧化すべきことを主張。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

チャーダーエフ【Pyotr Yakovlevich Chaadaev】

1794~1856) ロシアの思想家。主著「哲学書簡」において農奴制とギリシャ正教から成るロシアの歴史と文明を批判。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャーダーエフの関連キーワードモスクワ宣言モスクワ芸術座・モスクワ藝術座モスクワ5000モスクワ国際平和マラソンモスクワ室内管弦楽団モスクワ・ソロイスツモスクワを占領せよモスクワ・ヴィルトゥオージモスクワ音楽劇場バレエ団モスクワ・シティー・バレエ団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone