コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュレンヌ Henri de la Tour d’Auvergne,vicomte de Turenne

2件 の用語解説(チュレンヌの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チュレンヌ【Henri de la Tour d’Auvergne,vicomte de Turenne】

1611‐75
フランスの武将。神聖ローマ帝国とフランス王国の中間に位置して独立を保持していた小公領(主都スダン)の君主ブーイヨン公アンリの次男。母はオラニエ公ウィレム1世の娘。母の影響下にプロテスタントとして育てられ,武人としての教育を受けたのち,フランス国王に奉仕。そのすぐれた資質により三十年戦争下,東部戦線イタリアで数々の勲功をたてた。とりわけノルトリンゲンの戦(1645)では大勝を博して名声を得,以後名実ともにフランスを代表する武将としてたたえられ,兵士たちの信頼も厚かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チュレンヌ
ちゅれんぬ
Henri de La Tour d'Auvergne, vicomte de Turenne
(1611―1675)

フランスの軍人、元帥。ブイヨン公の次男。スダン(セダン)に生まれる。14歳から軍務に従い、三十年戦争(1618~48)に参加、フランドルライン、イタリア各地に転戦、1643年に元帥となり、45年ネルトリンゲンの戦いバイエルン軍を破った。フロンドの乱のとき、スペインそしてのち王党派にくみし、コンデ親王と戦った。乱後、スペイン領フランドルの奪取をめぐるアラスの戦い(1654)、砂丘の戦い(1658)でスペイン軍を破り、60年総元帥となった。ついで、ルイ14世の起こしたフランドル戦争(1667~68)を指揮し、オランダ戦争(1672~79)では、コンデ親王とともにフランス軍を率いて出陣し、アルザス侵攻作戦を展開したが、75年7月27日、ザスバッハで砲兵陣地の下検分中に戦死した。遺体はサン・ドニの国王墓地のそばに埋葬された。その『メモアール(回想録)』は1738年に刊行された。[千葉治男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チュレンヌの関連キーワード由良国繁後水尾天皇鳥谷敬松坂屋ホールディングス大丸松坂屋松江城多摩動物公園浅野長政加藤清正

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone