コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん〔クワン〕【管】

[名]内部がからで筒状のもの。くだ。「ガスの
[接尾]助数詞。笛・筆など、くだ状の物を数えるのに用いる。「一(いっかん)の笛」

かん【管】[漢字項目]

[音]カン(クヮン)(呉)(漢) [訓]くだ
学習漢字]4年
〈カン〉
くだ。また、くだ状の容器。「気管血管信管土管導管配管試験管真空管
吹き鳴らす楽器。「管弦管楽器金管木管
筆の軸。筆。「彩管筆管
視野の狭いこと。「管見
担当の範囲を取り締まる。「管下管轄管掌管制管理移管主管所管保管
「管理」の略。「管財/食管・選管入管
〈くだ〉「手管
[名のり]うち・すげ
[難読]煙管(キセル)只管(ひたすら)

くだ【管/×筟】

細長い円筒形で中が空洞になっているもの。「―を通して水を送る」
機(はた)の横糸を巻いて杼(ひ)に入れる道具。
糸繰り車の紡錘(つむ)に差して糸を巻きつける軸。
管狐(くだぎつね)」の略。
管の笛」に同じ。
「吹き響(な)せる―の音も」〈・一九九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

管【くだ】

パイプとも。中空で細長い部品の総称。主として気体,液体,ときには固体の輸送路として利用されるが,構造物の部材にも用いる。用途が多種多様なため,鋳鉄管鋼管をはじめ,非鉄金属,非金属製など材質は広範囲にわたる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くだ【管】

中空の物体で,長短の差はあるが,比較的その径に比して長さの長いものを総称していう。管(かん),チューブtube,パイプpipeなどともいう。材質は生体から金属まで多岐にわたっており,ゴムや布などでつくられた柔軟なものはホースhoseと呼ばれる。一般に,物質の輸送路として,また容器としての機能を果たしているが,木管楽器金管楽器における管の使い方などは変わった機能として興味をそそられるものの一つである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かん【管】

[1] ( 名 )
中空で円柱状の棒。つつ。くだ。
管楽器。笛・ラッパなど。
( 接尾 )
助数詞。笛・筆などくだ状の物を数えるのに用いる。 「笛一-」
[句項目]

くだ【管】

断面が円形で、中が空になっている細長いもの。普通、液体や気体を通すのに用いる。 「ゴムの-で水を吸い上げる」
はたを織るとき、緯よこ糸を巻きつける芯しん
糸繰り車のつむに差して、糸を巻きつける軸。
管の笛ふえ 」に同じ。 「吹き鳴せる-の音も/万葉集 199

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【管】より

…中空の物体で,長短の差はあるが,比較的その径に比して長さの長いものを総称していう。管(かん),チューブtube,パイプpipeなどともいう。材質は生体から金属まで多岐にわたっており,ゴムや布などでつくられた柔軟なものはホースhoseと呼ばれる。…

※「管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

管の関連キーワードミニチュアチューブ管継ぎ手・管継手コルゲートパイプコンクリート管水道管の耐震性総胆管結石症グローランプ電子増倍管胆管細胞癌ウォルフ管肝外胆管癌ヒューム管管(くだ)重複腎盂中腎輸管ガス導管下水管渠胆管癌気泡管GT管

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

管の関連情報