(読み)ツツ

デジタル大辞泉の解説

つつ【筒】

丸く細長くて中が空洞になっているもの。くだ。管(かん)。「竹のの花入れ」
銃身。砲身。転じて、小銃や大砲。「になえ」「大
ブーツの足首から上、ふくらはぎの入る部分。「回り34センチのブーツ」「幅を広げたデザイン」
井戸の側壁や地上の部分を囲んでいるもの。井戸がわ。
検査などのため、俵にさしこんで米などを取り出すために用いる先のとがった竹製の器具。
轂(こしき)の異称。
酒を入れる竹筒。ささえ。
「飲み手は多し、酒は―にて小さし」〈義経記・五〉

とう【筒】[漢字項目]

常用漢字] [音]トウ(漢) [訓]つつ
〈トウ〉中の突き抜けた円柱状の管。「円筒煙筒気筒水筒封筒発煙筒
〈つつ(づつ)〉「筒先井筒大筒茶筒花筒筆筒
[名のり]まる
[難読]小筒(ささえ)竹筒(ささえ)筒元(どうもと)喞筒(ポンプ)

どう【筒】

双六(すごろく)やばくちで、さいころを入れて振るつつ。また、それを振る役。
(「胴」とも書く)ばくちで、親になること。筒元(どうもと)。
轂(こしき)」に同じ。
5」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つつ【筒】

丸く細長く中がからになっているもの。くだ。管。
銃身。砲身。 「 -先」
小銃。大砲。 「大-」 「捧げ-」
井戸がわ。井筒いづつ
こしきの異名。
俵にさしこんで米や麦を出すために用いる、先をとがらせた竹。米さし。
酒などを入れる竹筒。ささえ。
和船で、帆柱の受け材。 → 帆筒

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あめ【筒】

〘名〙 関西方面で、糸をつむぐために綿を筒状に細長くしたものをいう。糸車にかけて糸を引き出すのに用いる。
物類称呼(1775)四「綿筒 わたあめ〈略〉尾張にて、あめ」

つつ【筒】

〘名〙
① まるく細長くて中が空になっているもの。管。
※竹取(9C末‐10C初)「竹の中にもとひかる竹なん一すぢありけり。あやしがりてよりてみるにつつのなか光りたり」
※曾我物語(南北朝頃)六「烏帽子のつつおしたて、直垂の衣紋ひきつくろい」
井戸の側壁を囲んでいるもの。また、井戸の地上の囲い。井戸側(いどがわ)
※狭衣物語(1069‐77頃か)一「此の井は五六日もありぬべかんなり、井のつつと言ふ物も立てなどしたらんまでこそはおはしまさめ」
③ 酒などを入れる竹筒。小筒(ささえ)。〔名語記(1275)〕
④ 銃身。砲身。転じて、小銃や大砲。
※雑兵物語(1683頃)上「敵間遠て、筒の内を拭ひ、若しは洗もめされよ」
※爺(1903)〈島崎藤村〉「時には鳥銃(ツツ)を肩に懸けて猟に出掛けたりするといふやうな」
⑤ 竹で作り、俵にさしこんで米などを出すもの。「つつ落ち米」
⑥ 「こしき(轂)」の異称。
⑦ 和船の帆柱を立てるときの受材として、船体腰当部に設ける太い柱。下部はかわらと守(子持)で固定され、その上は腰当船梁に堅固に結合して、帆走時の帆柱にかかる大きな力を受けとめる。艫側の面には帆柱の襟肩をはめる溝があって、下部両側に穴をあけ、船玉を納める。また、両側面には筒挟みをとりつけて、その上部で帆柱を雨搦綱(あまがらみつな)でくくる。筒木。筒柱。
※今西氏家舶縄墨私記(1813)坤「筒と子持へ檣を建る」
⑧ 陰茎をいう俗語。
※雑俳・大花笠(1716‐36)「よわいれそ・鶏で仕舞ふた筒の生き」
⑨ 馬のひづめと脚の間の部分。
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)七「此むまと申は、むかしつなきて、そののちに、いつることのなけれは、つめはあつうて、つつたかし」
※浄瑠璃・悦賀楽平太(1692頃)三「ムム聞えた、仕懸者つつじゃつつじゃ」

つづ【筒】

〘名〙 川に仕掛け、魚を捕える(うえ)などをいう。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

とう【筒】

〘接尾〙 注射など、筒状の物を数えるのに用いる。
恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉二七「カンフル百筒(トウ)の注射よりも劇(はげし)く純之助を興奮せしめたので」

どう【筒】

〘名〙
① 双六や博打(ばくち)で賽を入れて振り出すつつ。
※催馬楽(7C後‐8C)大芹「これやこの せんばん さんたの木 柞(ゆし)の木の盤 むしかめの止宇(ドウ) 犀角の賽」
② 双六や博打で賽を①に入れて振る役。
※古今著聞集(1254)一二「我はいまだ一度もしり候はねば、どうをば人にゆづり申候はん」
③ (「胴」とも) 「どうおや(筒親)」「どうとり(筒取)」「どうもと(筒元)」の略。
※雑俳・川柳評万句合‐天明五(1785)智六「御かっ手のしうへとどうは弐百出し」
④ 牛車(ぎっしゃ)の部分の名。車輪の中心で、輻(や)が集中している太く丸い部分。その中を車軸が貫いている。轂(こしき)。〔十巻本和名抄(934頃)〕
⑤ (「胴」とも) 太鼓・鼓(つづみ)などの打楽器で、中央のくりぬいて空洞になった部分。
※江談抄(1111頃)三「太鼓〈略〉左には鞆絵の数三筋也、又筒も赤色採る也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筒の関連情報