コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツツ

4件 の用語解説(筒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つつ【筒】

丸く細長くて中が空洞になっているもの。くだ。管(かん)。「竹のの花入れ」
銃身。砲身。転じて、小銃や大砲。「になえ」「大
ブーツの足首から上、ふくらはぎの入る部分。「回り34センチのブーツ」「幅を広げたデザイン」
井戸の側壁や地上の部分を囲んでいるもの。井戸がわ。
検査などのため、俵にさしこんで米などを取り出すために用いる先のとがった竹製の器具。
轂(こしき)の異称。
酒を入れる竹筒。ささえ。
「飲み手は多し、酒は―にて小さし」〈義経記・五〉

とう【筒】[漢字項目]

常用漢字] [音]トウ(漢) [訓]つつ
〈トウ〉中の突き抜けた円柱状の管。「円筒煙筒気筒水筒封筒発煙筒
〈つつ(づつ)〉「筒先井筒大筒茶筒花筒筆筒
[名のり]まる
[難読]小筒(ささえ)竹筒(ささえ)筒元(どうもと)喞筒(ポンプ)

どう【筒】

双六(すごろく)やばくちで、さいころを入れて振るつつ。また、それを振る役。
(「胴」とも書く)ばくちで、親になること。筒元(どうもと)。
轂(こしき)」に同じ。
5」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つつ【筒】

丸く細長く中がからになっているもの。くだ。管。
銃身。砲身。 「 -先」
小銃。大砲。 「大-」 「捧げ-」
井戸がわ。井筒いづつ
こしきの異名。
俵にさしこんで米や麦を出すために用いる、先をとがらせた竹。米さし。
酒などを入れる竹筒。ささえ。
和船で、帆柱の受け材。 → 帆筒

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筒の関連情報