コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツツ

デジタル大辞泉の解説

つつ【筒】

丸く細長くて中が空洞になっているもの。くだ。管(かん)。「竹のの花入れ」
銃身。砲身。転じて、小銃や大砲。「になえ」「大
ブーツの足首から上、ふくらはぎの入る部分。「回り34センチのブーツ」「幅を広げたデザイン」
井戸の側壁や地上の部分を囲んでいるもの。井戸がわ。
検査などのため、俵にさしこんで米などを取り出すために用いる先のとがった竹製の器具。
轂(こしき)の異称。
酒を入れる竹筒。ささえ。
「飲み手は多し、酒は―にて小さし」〈義経記・五〉

とう【筒】[漢字項目]

常用漢字] [音]トウ(漢) [訓]つつ
〈トウ〉中の突き抜けた円柱状の管。「円筒煙筒気筒水筒封筒発煙筒
〈つつ(づつ)〉「筒先井筒大筒茶筒花筒筆筒
[名のり]まる
[難読]小筒(ささえ)竹筒(ささえ)筒元(どうもと)喞筒(ポンプ)

どう【筒】

双六(すごろく)やばくちで、さいころを入れて振るつつ。また、それを振る役。
(「胴」とも書く)ばくちで、親になること。筒元(どうもと)。
轂(こしき)」に同じ。
5」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つつ【筒】

丸く細長く中がからになっているもの。くだ。管。
銃身。砲身。 「 -先」
小銃。大砲。 「大-」 「捧げ-」
井戸がわ。井筒いづつ
こしきの異名。
俵にさしこんで米や麦を出すために用いる、先をとがらせた竹。米さし。
酒などを入れる竹筒。ささえ。
和船で、帆柱の受け材。 → 帆筒

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筒の関連キーワード帆筒締め縄・帆筒締縄ストーマー粘度計染物(筒書き)火山性排気口丸ボイラー蛇行状鉄器住吉神社丸ボイラ唐津神社チューブ張抜き筒管状鉱床さいころすごろく鉄砲籠住吉神糸電話焼ばめ筒描き小用筒

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筒の関連情報