コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウショウバト Geopelia striata; zebra dove

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウショウバト
Geopelia striata; zebra dove

ハト目ハト科。全長 20~23cm。全身灰褐色だが,顔は青灰色で,眼のまわりは裸出して青い。頸の全域と胸,腹の脇はくすんだ白色の各羽の縁が黒く,それが連続して縞模様をつくっている。胸から腹の中央は褐色がかった白。背から腰と雨覆羽は各羽の先の色が濃く,うろこ模様になる。尾羽は灰褐色で,外側の先端が白い。タイからマレー半島フィリピンインドネシアに生息する。インド洋や南太平洋の島嶼のほか,ハワイ諸島などに移入されて野生化している。原産地では生息数が減少した地域もあるが,移入先ではその地で多く生息する種になっている地域もある。低地の低木林や農耕地,公園など開けた環境にすみ,おもに草の種子を食べるが,昆虫などの無脊椎動物もとる。群れにならず,1羽かつがいで採食する。小型で鳴き声が静かなので,日本にも飼鳥として輸入されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウショウバト
ちょうしょうばと / 長嘯鳩
barred dovezebra dove
[学]Geopelia striata

鳥綱ハト目ハト科の鳥。フィリピン諸島、マレー半島からオーストラリアまで分布し、ハワイ諸島などに移入されて野生化している。全長約23センチメートル。上面は灰褐色地に黒い斑紋(はんもん)があり、下面は灰色。尾は長い。静かな低い声でクークー鳴き続ける。この鳴き声を愛されて、産地だけでなく、欧米や日本でも飼われることがある。低い木に巣をかけ、2卵を産む。公園や人家近くに多くすみ、地上で木の実などをあさる。マレー人には、幸福の神の象徴として愛され、多数が飼養されており、マレーシアでは銃猟も法律で禁止されている。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチョウショウバトの言及

【ハト(鳩)】より

… ほとんどの種は主として樹上で生活している。しかし,採食などのため地上に降りることが多く,ウズラバト(Geotrygon属),ムナジロバト(Gallicolumba属),チョウショウバト(Geopelia属),オオハシバト(Didunculus strigirostris)その他は地上生である。大部分は留鳥だが,ごく一部の種は渡りをする。…

※「チョウショウバト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チョウショウバトの関連キーワードマールボックマレー人

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android