コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウショウバト チョウショウバト Geopelia striata; zebra dove

2件 の用語解説(チョウショウバトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウショウバト
チョウショウバト
Geopelia striata; zebra dove

ハト目ハト科。全長 23cm。頭頸部は青灰色,背面と胸は灰褐色,腹部は灰白色。中央の尾羽は灰褐色であるが,他の尾羽は黒く,先端が白い。額,喉,尾以外の羽毛の羽縁は黒く,全体が縞模様にみえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウショウバト
ちょうしょうばと / 長嘯鳩
barred dovezebra dove
[学]Geopelia striata

鳥綱ハト目ハト科の鳥。フィリピン諸島マレー半島からオーストラリアまで分布し、ハワイ諸島などに移入されて野生化している。全長約23センチメートル。上面は灰褐色地に黒い斑紋(はんもん)があり、下面は灰色。尾は長い。静かな低い声でクークー鳴き続ける。この鳴き声を愛されて、産地だけでなく、欧米や日本でも飼われることがある。低い木に巣をかけ、2卵を産む。公園や人家近くに多くすみ、地上で木の実などをあさる。マレー人には、幸福の神の象徴として愛され、多数が飼養されており、マレーシアでは銃猟も法律で禁止されている。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチョウショウバトの言及

【ハト(鳩)】より

… ほとんどの種は主として樹上で生活している。しかし,採食などのため地上に降りることが多く,ウズラバト(Geotrygon属),ムナジロバト(Gallicolumba属),チョウショウバト(Geopelia属),オオハシバト(Didunculus strigirostris)その他は地上生である。大部分は留鳥だが,ごく一部の種は渡りをする。…

※「チョウショウバト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チョウショウバトの関連キーワード冠鳩白子鳩鳩派我はと思うはとりハト(鳩)アオバト(緑鳩)カラスバト(烏鳩)ハト科

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone