チンワルド雲母(読み)チンワルドうんも(英語表記)zinnwaldite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リチウム雲母の一種。 K2(Fe1~2,Li2~3,Al2)(Si6~7Al2~1O20)(F3~2,(OH)1~2) 単斜晶系。比重 2.9~3.02。硬度 2.5~4。ガラス光沢。淡紫色,黄色,褐色,暗灰色など。六角板状結晶。ペグマタイトや深成熱水鉱脈中にスズ石,トパーズ,その他のリチウム鉱物などと共生して産出する。名称はドイツのチンワルド Zinnwaldのスズ鉱脈から発見されたことによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雲母の一種で、金(きん)雲母や白(しろ)雲母に似た外観をもつ。化学組成上シデロフィル雲母とポリリシオ雲母の系列にある。六角板状結晶で、しばしば肉眼的な累帯構造をもつが、これはリチウム含有量の変化といわれている。花崗(かこう)岩ペグマタイト中に、煙水晶、トパーズなどと大きな結晶をなすほか、グライゼン中に微細な葉片状結晶集合体として産する。英名は、錫(すず)を産することで有名なボヘミアのチンワルトZinnwald(Zinnはドイツ語で錫)から命名された。

[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android