コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンワルド雲母 チンワルドうんもzinnwaldite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンワルド雲母
チンワルドうんも
zinnwaldite

リチウム雲母の一種。 K2(Fe1~2,Li2~3,Al2)(Si6~7Al2~1O20)(F3~2,(OH)1~2) 単斜晶系。比重 2.9~3.02。硬度 2.5~4。ガラス光沢。淡紫色,黄色,褐色,暗灰色など。六角板状結晶。ペグマタイトや深成熱水鉱脈中にスズ石トパーズ,その他のリチウム鉱物などと共生して産出する。名称はドイツのチンワルド Zinnwaldのスズ鉱脈から発見されたことによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チンワルド雲母
ちんわるどうんも
zinnwaldite

雲母の一種で、金(きん)雲母や白(しろ)雲母に似た外観をもつ。化学組成上シデロフィル雲母とポリリシオ雲母の系列にある。六角板状結晶で、しばしば肉眼的な累帯構造をもつが、これはリチウム含有量の変化といわれている。花崗(かこう)岩ペグマタイト中に、煙水晶、トパーズなどと大きな結晶をなすほか、グライゼン中に微細な葉片状結晶集合体として産する。英名は、錫(すず)を産することで有名なボヘミアのチンワルトZinnwald(Zinnはドイツ語で錫)から命名された。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チンワルド雲母の関連キーワードチンワルド雲母(データノート)雲母(鉱物)K2F3

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android