コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チン族 チンぞく Chin

翻訳|Chin

2件 の用語解説(チン族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チン族
チンぞく
Chin

ミャンマー北西部に住む一民族。人口約 120万と推定される。近隣のルシャイ族,ハカ族,クキ族と近縁関係にあり,言語はチベット=ビルマ語族に属する。父系出自集団を基礎とするいくつかのリニージによって地域社会を構成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チンぞく【チン族 Chin】

ミャンマーとインドとの国境に沿って南北に延びるアラカン山脈に住む少数民族。なかでもミャンマーチン丘陵とインドのルシャイ丘陵とに多い。自称はゾー・ミ(山の人),ライ・ミ(中央の人)。インドではミ・ゾー,クキ,メイテイなどの名でよばれる。人口はミャンマーのチン州で37万,インドで82万,バングラデシュで3万5000。言語的にはチベット・ビルマ語派に属し,複雑な接頭辞の体系をもち,語順は主語―目的語―動詞である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チン族の関連キーワードミャンマー麻竹ナガランドマニプルニャンウーマーケットアラカン[山脈]旧国民党軍ミャンマーのゾウカチン[州]カレン[州]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チン族の関連情報