コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チン族 チンぞくChin

翻訳|Chin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チン族
チンぞく
Chin

ミャンマー北西部に住む一民族。人口約 120万と推定される。近隣のルシャイ族,ハカ族,クキ族と近縁関係にあり,言語はチベット=ビルマ語族に属する。父系出自集団を基礎とするいくつかのリニージによって地域社会を構成する。リニージ間の政治的関係は,母方交差いとこ婚に基づく規定的な縁組によって決定されることがある。焼畑耕作によって粟や稲などを栽培し,富と威信の象徴である牛や,豚,やぎなどの家畜を飼う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チンぞく【チン族 Chin】

ミャンマーとインドとの国境に沿って南北に延びるアラカン山脈に住む少数民族。なかでもミャンマーチン丘陵とインドのルシャイ丘陵とに多い。自称はゾー・ミ(山の人),ライ・ミ(中央の人)。インドではミ・ゾー,クキ,メイテイなどの名でよばれる。人口はミャンマーのチン州で37万,インドで82万,バングラデシュで3万5000。言語的にはチベット・ビルマ語派に属し,複雑な接頭辞の体系をもち,語順は主語―目的語―動詞である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

チン族の関連キーワードセンゲリンチン(僧格林沁)シナ=チベット語系諸族ミャンマーの少数民族シナ・チベット系諸族チンポー(景頗)族カウチンセーターカチン族と内戦ビルマ民主同盟カチン独立組織スヘバートル州満蒙独立運動アッサム諸族ドンドゴビ州ミッチーナーラカイン山地ロングハウスプーターオーラカイン州ミッチーナパラウン族

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android