コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツィック ツィック Zick,Johannes

2件 の用語解説(ツィックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツィック
ツィック
Zick,Johannes

[生]1702
[没]1762
18世紀のドイツの画家。コンスタンツで修業したのちベネチアに行き,G.ピアツェッタのもとで修業。 G.ティエポロおよびレンブラントの影響を受ける。主要作品はブルフサールの城に,息子ヤヌアリウス (→ツィック ) と共同で描いた壁画 (1751~54) ,およびアモールバハ教区聖堂に描いた壁画 (53) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ツィック
ツィック
Zick,Januarius

[生]1732.5.31. ミュンヘン
[没]1797.11.14.
18世紀のドイツの画家。 J.ツィックの息子。パリとローマに滞在したのち,1762年以後コブレンツ近郊エーレンブライトシュタインで活動。ロココから古典主義へ向う過渡期を代表する画家で,バイエルンシュワーベン地方の聖堂に多数の天井画を描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツィックの関連キーワード階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没N末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツィックの関連情報