コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツィック Zick,Johannes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツィック
Zick,Johannes

[生]1702
[没]1762
18世紀のドイツの画家。コンスタンツで修業したのちベネチアに行き,G.ピアツェッタのもとで修業。 G.ティエポロおよびレンブラントの影響を受ける。主要作品はブルフサールの城に,息子ヤヌアリウス (→ツィック ) と共同で描いた壁画 (1751~54) ,およびアモールバハ教区聖堂に描いた壁画 (53) 。

ツィック
Zick,Januarius

[生]1732.5.31. ミュンヘン
[没]1797.11.14.
18世紀のドイツの画家。 J.ツィックの息子。パリとローマに滞在したのち,1762年以後コブレンツ近郊エーレンブライトシュタインで活動。ロココから古典主義へ向う過渡期を代表する画家で,バイエルン,シュワーベン地方の聖堂に多数の天井画を描く。主要作品はウィブリゲン修道院内聖堂に描いたフレスコ画 (1778~80) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツィックの関連キーワードピーテル ウィスペルウェイピアツェッタコンスタンツ2月6日

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android