コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェレ Celle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェレ
Celle

ドイツ北西部,ニーダーザクセン州の都市。ハノーバーの北東約 35km,アラー川にのぞむ。 13世紀からの町で,1292年に都市権獲得。 1371~1705年にはブラウンシュワイク=リューネブルク公の居地であった。公の居城 (1292) があるほか,16世紀頃からの木骨構造の建築物が多く残され,美しい町並みをみせている。リューネブルガーハイデ (リューネブルク荒地) の南縁に位置し,近世以降,同荒地開墾の根拠地であった。そのため現在も,林業,農業,微生物,養蜂などに関する研究施設や専門学校がおかれている。伝統的な蜜蝋,染料などの工業のほか,ビスケット,電機,織物,製油など各種の工業が行われる。人口7万 2260 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ツェレ(Celle)

ドイツ北部、ニーダーザクセン州の都市。リューネブルガーハイデの南端に位置する。旧市街の木組み造りの民家やツェレ城など、歴史的建造物が数多く残り、「北ドイツの真珠」と称され観光客に人気がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツェレ
つぇれ
Celle

ドイツ北部、ニーダーザクセン州の農村中心都市。ハノーバーの北東約40キロメートルに位置する。人口7万2100(2000)。リューネブルガー・ハイデ(古い氷堆石(たいせき)丘)南縁の交通中心地で、郡役所が所在し、食品、染料、電子、絹織物などの工業が行われる。領主により、旧ツェレと3キロメートル離れて建設され、1301年に都市の称号を得た。1371年以来334年間領主がここに住み、いまも城館都市のおもかげを残している。[齋藤光格]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツェレの関連キーワードバッハ(Johann Sebastian Bach)レーニンの「四月テーゼ」E. ヘルツフェルトフルダン(傅爾丹)ソリュートレ文化H. コーイングヘルツフェルトツェレ市庁舎ランスロ物語マリエン教会コッパースオイラートデューラーコーイングマタ・ハリシュミットマタ・ハリ市民討議会北アジア史テーア

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツェレの関連情報