コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノトカゲ Phrynosoma cornutum; horned lizard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツノトカゲ
Phrynosoma cornutum; horned lizard

トカゲ目タテガミトカゲ科。体長 10cm内外。体は背腹に扁平で腹部の幅が広く,頭部に長い棘状突起をもち,また背面にも大小の棘状突起をもつ。北アメリカ南西部から中央アメリカの砂漠地帯に分布し,アリなどを捕食する。驚くと眼から血液を射出する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ツノトカゲ

頭部に角状突起のあるイグアナ科ツノトカゲ属に属するトカゲの総称。多くは全長6〜10cmほどで,大きな種類でも15〜18cmほど。15種が北米西部〜中米の乾燥地帯に分布。
→関連項目イグアナ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツノトカゲ
つのとかげ
horned lizard

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目イグアナ科ツノトカゲ属に含まれるトカゲの総称。この属Phrynosomaの仲間は、頭部に角(つの)状の突起があり、約15種がアメリカ合衆国のロッキー山脈以西ワシントン州以南からメキシコ、グアテマラに分布する。全長は6~10センチメートルほどで、大きな種でも15~18センチメートルぐらいである。胴は円に近い扁平(へんぺい)な楕円(だえん)形で、尾は短く全長の3分の1以下しかない。頭部後縁には10本の骨質角状突起があり、後頭部の4本が大きい。また、テキサスツノトカゲP. cornutumのように中央の2本がとくに長いもの、4本が同大のもの、あるいは突起全体がきわめて小さい種類もある。半砂漠の砂地に生息し、昼行性で、体温が上昇するとアリ、クモ、昆虫を舌にくっつけて捕食する。夜間は砂中に潜る。卵生または卵胎生。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツノトカゲの関連キーワードツノトカゲ(角蜥蜴)デスバレー角蜥蜴

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android