ツボワムシ(読み)つぼわむし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツボワムシ
つぼわむし / 壺輪虫

袋形(たいけい)動物門輪毛虫綱の1目を構成する顕微鏡視的小動物の総称。狭義ではツボワムシ属Brachionusまたはそのなかの1種。雌雄異型。雌の外形はおおむね壺(つぼ)状か円盤状。被甲前縁、ときには後端にも刺状突起を備えるが、後頭部と後端両側部の突起には、水温、食性、成長段階などの差により著しい変化がみられる。一般体形、被甲前縁とくに前胸部および脚(あし)開口部とその周辺の形状などに基づいて、34種といくつかの変種や型に分類される。淡水域に生息するが混合海水や海水中にもすみ、水草の多い沿岸域に多産する。雄は雌の3分の1から5分の1で円柱状。消化器官などを欠く。大きな脚と陰茎をもち遊泳はすばやい。雄が年1、2回出現するので、周期的な処女生殖(ヘテロゴニー)を営む。魚貝類の種苗養成の餌(えさ)として各国で人工的に量産されている種もある。
 和名ツボワムシB. calyciflorusは、袋状で後頭刺が4本、平均体長600マイクロメートル、幅300マイクロメートルで3変種5型が知られる。世界各地の比較的浅い池沼に多く、富栄養化した水域やβ(ベータ)段階にある汚水の指標とされている。雄は体長80マイクロメートル、幅40マイクロメートル。春と秋に出現するが寿命は数時間程度。受精卵は厚い褐色の外皮を備えるため耐久卵とよばれ、それからは幹母虫(かんぼちゅう)が孵化(ふか)し、処女生殖雌虫(♀♀)を産む。この型の雌(♀♀)は体長800マイクロメートルまでの大きさで、寿命は約10日間である。[鈴木 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android