コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツポレフ Tupolev, Andrei Nikolaevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツポレフ
Tupolev, Andrei Nikolaevich

[生]1888.11.10. カリーニン,プストマゾボ
[没]1972.12.23. モスクワ
ソ連の空軍将校で航空機設計技術者。モスクワ高等工業大学卒業後,1918年に中央航空力学研究所創設に協力,35年まで同所の次長。アメリカとドイツに機密を漏したとして,38年に逮捕されたが5年後に社会に復帰。第2次世界大戦中には空軍中将として活躍。 53年にソ連科学アカデミー会員に選出。彼の設計による旅客機,中・長距離爆撃機は 100種以上にのぼるが,このうち 55年に設計された Tu-104双発ジェット機は旅客機として広く使われた。世界最初の超音速旅客輸送機 Tu-144の設計者としても知られる。 Tuは彼の名前を取ったもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ツポレフ

ソ連の航空機設計家。モスクワ工科大学で航空力学を専攻,革命後中央空気・流体力学研究所に入り,1920年自分の設計局を主宰するようになる。1922年のANT-1複葉機からTu-2爆撃機,Tu-144超音速輸送機など,大型機の設計に当たった。
→関連項目ジュコーフスキー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツポレフ【Andrei Nikolaevich Tupolev】

1888‐1972
ソ連航空の父というべき名設計者。トゥポレフとも呼ぶ。パストマゾボの生れ。帝政ロシア当時の航空学者N.E.ジュコーフスキーからモスクワ工科大学で教育を受け,革命後はソ連の中央空気および流体力学研究所でジュコーフスキーの助手を務め,1920年には自分で設計局をもった。その後ドイツのユンカース系統のジュラルミン金属機を多く設計した。そのころ彼の設計は頭文字を使ってANT各型と命名され,その中には8発のANT20もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツポレフ
つぽれふ
Андрей Николаевич Туполев Andrey Nikolaevich Tupolev
(1888―1972)

ソ連の飛行機設計者。1922年のANT‐1(ANTはツポレフの頭文字)からTu‐154、爆撃機Tu‐26バックファイアや超音速輸送機Tu‐144を含む多彩な作品を発表している。晩年には息子のアレクセイAlexei Tupolev(1925―2001)が実務を担当した。輸送機はほとんど西欧の模倣作だが、軍用機には独創的なものが多く、ソ連の誇る航空学者ジュコフスキーN. E. Zhukovskiy(1847―1921)の流れをくむツポレフの個性が明らかに認められる。スターリン時代には投獄されたことがある。[佐貫亦男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツポレフの関連キーワードアエロフロート・ロシア航空アンドレイ トゥポレフツポレフTuアエロフロート日ソ航空協定超音速旅客機11月10日コロリョフ

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツポレフの関連情報