コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティモシェンコ Timoshenko, Semën Konstantinovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティモシェンコ
Timoshenko, Semën Konstantinovich

[生]1895. フルマンカ
[没]1970.3.31.
ソ連の陸軍軍人,元帥。革命勃発後は赤軍に入り,内戦ではスターリンにより騎兵師団長に任命された。ロシア=フィンランド戦争後,国防相。独ソ戦後,スターリンが国防相を兼任すると,プリピチャナ沼沢地からリトアニアまでの西部戦線の指揮をゆだねられたが,戦いに敗れた責任を問われて,スターリンの最高総司令部の幕僚となった。第2次世界大戦後は一時,地方軍管区司令官となったが,影響力を失った。

ティモシェンコ
Tymoshenko, Yulia

[生]1960.11.27. ウクライナ=ソビエト社会主義共和国,ドネプロペトロフスク
ウクライナの政治家,実業家。首相(在任 2005,2007~10)。ドネプロペトロフスク国立大学で人工頭脳学を学び,1984年に経済学の学位を取得した。1995年,ウクライナ統一エネルギー・システムの社長に就任し,翌 1996年にはウクライナ議会に初当選した。1999年,ビクトル・ユシチェンコ首相により燃料・エネルギー担当の副首相に任命された。2001年11月,レオニード・クチマ大統領に対抗する野党勢力として「ユリア・ティモシェンコブロック」(BYT。発足時は「国家救済フォーラム」)を結成。2004年の大統領選挙ではユシチェンコ率いる「われらがウクライナ」と連携を組み,ユシチェンコを支持した。投票結果をめぐる大規模な抗議行動,オレンジ革命では主要な役割を果たし,ユシチェンコが大統領に就任した 2005年1月,首相に起用された。しかし,同 2005年9月,他の閣僚とともに解任された。2006年夏,親欧米の与党連合(オレンジ連合)が崩壊し,BYTは野党第一党となった。翌 2007年10月,選挙後の新しい議会で BYTと「われらがウクライナ・国民自衛」は与党連合を組むことで合意し,同年 12月,ティモシェンコは首相の座に返り咲いた。2010年1月に行なわれた大統領選挙に立候補し,第1回投票で 2位となった。翌 2月に行なわれた決選投票では 45.47%を得票したものの,ビクトル・ヤヌコビッチに敗れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ティモシェンコ

ウクライナの政治家。1960年,旧ウクライナ・ソビエト社会主義共和国,ドニプロペトロウシク市に生まれる。父はラトビア人,母はロシア人。ソ連崩壊後,エネルギー関連企業を経営,ロシアからウクライナへの天然ガスの最大の輸入・卸業企業の経営者として成功,〈ガスの王女〉と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ティモシェンコの関連キーワードユリヤ ティモシェンコミコラ アザロフ2月18日材料力学

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android