ティモール[島](読み)ティモール

百科事典マイペディアの解説

ティモール[島]【ティモール】

インドネシア南部,小スンダ列島(ヌサ・テンガラ)中の最大島。チモールとも呼び,Timurとも表記。地形は北東〜南西に細長く,山地が多い。気候は乾季が強く現れ,サバンナ的景観を示す。綿花,タバコ,コーヒー,ビャクダン,皮革などを産する。住民はマレー系のティモール人だが,中国人,ポルトガル人,パプア人などの混血も多い。約3万1000km2。約177万人(1995)。17世紀半ば以降,オランダとポルトガルの抗争が続き,20世紀初頭までに西部がオランダ領,東部がポルトガル領とされた。インドネシア独立後,西部はインドネシアの東ヌサ・テンガラ州に属し,東部はポルトガル領であったが,1975年ポルトガル領内で起こった内乱に乗じ,インドネシアが翌1976年に東部を併合し,東ティモール州とした。しかし2002年,東ティモールとして独立した。
→関連項目ティモール海ディリ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android