ティモール[島](読み)ティモール

百科事典マイペディアの解説

ティモール[島]【ティモール】

インドネシア南部,小スンダ列島(ヌサ・テンガラ)中の最大島。チモールとも呼び,Timurとも表記。地形は北東〜南西に細長く,山地が多い。気候は乾季が強く現れ,サバンナ的景観を示す。綿花,タバコ,コーヒー,ビャクダン,皮革などを産する。住民はマレー系のティモール人だが,中国人,ポルトガル人,パプア人などの混血も多い。約3万1000km2。約177万人(1995)。17世紀半ば以降,オランダとポルトガルの抗争が続き,20世紀初頭までに西部がオランダ領,東部がポルトガル領とされた。インドネシア独立後,西部はインドネシアの東ヌサ・テンガラ州に属し,東部はポルトガル領であったが,1975年ポルトガル領内で起こった内乱に乗じ,インドネシアが翌1976年に東部を併合し,東ティモール州とした。しかし2002年,東ティモールとして独立した。
→関連項目ティモール海ディリ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android