コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティラナ ティラナ Tiranë

5件 の用語解説(ティラナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティラナ
ティラナ
Tiranë

アルバニアの首都。アドリア海から約 30km内陸へ入った肥沃な平野部の南端,イシュム川沿岸に位置する。住民の大半はイスラム教徒で,そのほかはギリシア正教徒 (アルバニア国民教会) 。 17世紀初期トルコの将軍スレイマンパシャによって建設された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ティラナ(Tirana)

チラナ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ティラナ

アルバニアの首都。同国中部,アドリア海岸の外港ドゥラスの東方約35kmにある。第2次大戦後ソ連の援助で,金属・繊維・食品加工タバコなどの工業が発達。大学(1957年創立),各種専門学校がある。
→関連項目アルバニア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ティラナ【Tiranë】

アルバニアの首都。同名県の県都で特別市。人口30万(1991)。アルバニアの中央部,海岸寄りに位置し,ダイチDajti山の山麓の平野にあって,イシムIshm川に臨む政治・経済・文化の中心地。居住地として15世紀に文献に登場するが,17世紀にオスマン・トルコの総督が,この地にモスクや浴場を建て,彼がかつて軍功をたてたペルシアの町テヘランの名をとってこの町の名前としたのが名称の起源である。20世紀初頭までは人口1万5000程度の小さな町であったが,1920年にアルバニアの首都に定められ,30~40年代に人口も10万を超え,イタリアの建築家の設計による新しい市街区も発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ティラナ【Tirana】

アルバニア共和国の首都。同国の中央部に位置する。一七世紀初めにオスマン帝国の将軍スレイマン-パシャが建設。チラナ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティラナの関連キーワードアルバニアエルバサンサーガルドゥラスノーンカーイヤシスカンデルベグ広場ブロラワーラーナシーシュコダル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ティラナの関連情報