コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テガタチドリ fragrant orchid

世界大百科事典 第2版の解説

テガタチドリ【fragrant orchid】

亜高山帯の比較的湿ったお花畑に,淡紅色の花穂を群生する美しい地生ラン(イラスト)。チドリソウともいう。塊根は肥厚して,先端掌状に分裂する。花茎は高さ30~60cm,中部以下に4~6枚の葉をつける。葉は広線形で長さ10~20cm,上部の葉は小さくなる。7~8月,淡紅色の花を密に多数つける。花は径1cm弱。背萼片と花弁はかぶと状。側萼片は開出する。唇弁は先端が浅く3裂し,基部に細長い15mmくらいの距がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テガタチドリ
てがたちどり / 手形千鳥
[学]Gymnadenia conopsea R. Br.

ラン科の多年草。塊根は肥厚し、先端は掌状に分裂する。茎は高さ30~50センチメートル。葉は5、6枚互生し、広線形で長さ10~20センチメートル。7~8月、茎の先に径1センチメートル弱の淡紅紫色花を密につける。唇弁は長さ約5ミリメートルで先端が浅く3裂し、長さ約1.5センチメートルの細長い距(きょ)がある。花形がチドリに似るのでチドリソウの名もある。中部地方以北の本州の亜高山帯から高山帯の湿り気のある草原に生え、アジア、ヨーロッパの亜寒帯に広く分布する。名は、塊根が掌状であることによる。
 テガタチドリ属は、花粉塊の下にある粘着体が裸出している点、柱頭が左右二つに分かれている点などでツレサギソウ属から区別される。アジア、ヨーロッパに約10種知られ、日本にはほかにノビネチドリが分布する。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

テガタチドリの関連キーワードテガタチドリ(手形千鳥)ノビネチドリ(延根千鳥)ノビネチドリ亜高山帯千鳥草井上

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android