コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テガタチドリ fragrant orchid

2件 の用語解説(テガタチドリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テガタチドリ【fragrant orchid】

亜高山帯の比較的湿ったお花畑に,淡紅色の花穂を群生する美しい地生ラン(イラスト)。チドリソウともいう。塊根は肥厚して,先端は掌状に分裂する。花茎は高さ30~60cm,中部以下に4~6枚の葉をつける。葉は広線形で長さ10~20cm,上部の葉は小さくなる。7~8月,淡紅色の花を密に多数つける。花は径1cm弱。背萼片と花弁はかぶと状。側萼片は開出する。唇弁は先端が浅く3裂し,基部に細長い15mmくらいの距がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テガタチドリ
てがたちどり / 手形千鳥
[学]Gymnadenia conopsea R. Br.

ラン科の多年草。塊根は肥厚し、先端は掌状に分裂する。茎は高さ30~50センチメートル。葉は5、6枚互生し、広線形で長さ10~20センチメートル。7~8月、茎の先に径1センチメートル弱の淡紅紫色花を密につける。唇弁は長さ約5ミリメートルで先端が浅く3裂し、長さ約1.5センチメートルの細長い距(きょ)がある。花形がチドリに似るのでチドリソウの名もある。中部地方以北の本州の亜高山帯から高山帯の湿り気のある草原に生え、アジア、ヨーロッパの亜寒帯に広く分布する。名は、塊根が掌状であることによる。
 テガタチドリ属は、花粉塊の下にある粘着体が裸出している点、柱頭が左右二つに分かれている点などでツレサギソウ属から区別される。アジア、ヨーロッパに約10種知られ、日本にはほかにノビネチドリが分布する。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone