コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオ・カッシウス Dio Cassius; Cassius Dio Cocceianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディオ・カッシウス
Dio Cassius; Cassius Dio Cocceianus

[生]150頃.ニカイア
[没]235
古代ローマの政治家,歴史家。 194年法務官 (プラエトル ) ,205年補充執政官 (コンスル ) ,229年執政官,以後ニカイアに引退。主著は建国から 229年までのギリシア語による『ローマ史』 Rōmaikē historia (80巻) で,そのうち 36~54巻 (前 68~10) は 36巻を除いて完全に現存,55~60巻 (前9~後 46) は不完全だが,残存。またのちの著述家によって 36~80巻および1~21巻についても概要は知られている。十分な準備調査をもって書かれ,文体も率直である。共和政時代はリウィウスにより,あまり信頼はおけないが,帝政期の記述は執政官の経歴を生かしたもので重要な史料となっている。叙述はアッチカ風を取入れ,ツキジデスにならい政治史に重点をおいている。ほかにアリアノス,セプチミウス・セウェルスに関する著作もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディオ・カッシウス
でぃおかっしうす
Cassius Dio Cocceianus

生没年不詳。ローマ帝政期の政治家、歴史家。ビテニアのニカイア出身。父はキリキア総督、ダルマチア総督を歴任した。コンモドゥス帝の時代に元老院に入り、194年に法務官、205年に補充コンスル、セウェルス・アレクサンデル帝の時代にアフリカ、ダルマチア、上パンノニアの総督を歴任した。しかし兵士に対する厳格さが彼への憎しみを生み、229年にセウェルス・アレクサンデル帝とともに正コンスルについたが親衛隊により就任式への出席を妨げられた。その後郷里のビテニアに引退し、準備に10年、執筆に12年を費やして、ローマ建国から紀元後229年に至る『ローマ史』80巻を著した。叙述は年代記風に書かれ政治面に関心が集中している。同時代の歴史を扱った部分はきわめて史料的価値が高い。カッシウス・ディオともいう。[市川雅俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ディオ・カッシウスの関連キーワードセプチミウス・セウェルス

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android