コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディセプション島 ディセプショントウ

デジタル大辞泉の解説

ディセプション‐とう〔‐タウ〕【ディセプション島】

Deception Island》南極大陸の南極半島の北方、サウスシェトランド諸島の島。活火山があることで知られ、カルデラが水没して形成された深い湾があり、温泉も湧出する。かつてアザラシ猟や捕鯨の基地が置かれた。夏季に観光クルーズ船が就航する。デセプション島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディセプション島
でぃせぷしょんとう
Deception Island

南極、サウス・シェトランド諸島中の火山島。南緯62度57分、西経60度38分にあり、直径約15キロメートルの馬蹄(ばてい)形を示し、中央部にカルデラ陥没で生じた深い湾がある。海岸の各所に噴気孔や温泉がある。1820年ごろに発見され、捕鯨基地として利用された。1829年に、イギリスがここで初めて重力測定を行った。1944年にイギリスが基地を設け、その後アルゼンチンとチリも基地を設けたが、領土権益が絡み、三国は微妙な関係にあった。これらの基地は1967年12月4日に起こった噴火のため崩壊したが、隊員は補給船に収容された。近年では南極観光船が湾内に寄港することがある。[楠 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ディセプション島の関連キーワードサウス・シェトランド[諸島]サウス・シェトランド[諸島]噴気孔

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android