コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディープインパクト ディープインパクト Deep Impact

2件 の用語解説(ディープインパクトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ディープ‐インパクト(Deep Impact)

米国の彗星探査機。2005年1月に打ち上げられ、同年7月にテンペル第1彗星に重さ約370キログラムの衝突体を撃ち込んだ。その際、探査機に搭載した各種カメラのほか、ハッブル宇宙望遠鏡、スピッツァー宇宙望遠鏡、地上の望遠鏡により衝突の様子が観測された。計画当初の役割を終え、2007年にエポキシに改称。引き続き系外惑星と彗星の観測を行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ディープインパクト

2002年生まれの日本の競走馬。牡馬(ぼば)。史上5頭目のクラシック三冠馬。ほか天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念に優勝し、2005年・2006年の年度代表馬となる。2006年にはフランスのG1競走・凱旋門賞に出走するも失格。優秀な競走成績や最後方から他馬を抜き去るレーススタイルから人気を博した。2008年、顕彰馬に選出。種牡馬として2012年度代表馬ジェンティルドンナなど活躍馬を輩出。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディープインパクトの関連キーワードキーストンクモノハナクリノハナスゲヌマタチカゼタニノギムレットテイトオートクマサフレーモアホマレボシ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディープインパクトの関連情報