ディープインパクト(英語表記)Deep Impact

デジタル大辞泉の解説

ディープ‐インパクト(Deep Impact)

米国の彗星探査機。2005年1月に打ち上げられ、同年7月にテンペル第1彗星に重さ約370キログラムの衝突体を撃ち込んだ。その際、探査機に搭載した各種カメラのほか、ハッブル宇宙望遠鏡スピッツァー宇宙望遠鏡、地上の望遠鏡により衝突の様子が観測された。計画当初の役割を終え、2007年にエポキシ改称。引き続き系外惑星と彗星の観測を行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ディープインパクト

2002年生まれの日本の競走馬。牡馬(ぼば)。史上5頭目のクラシック三冠馬。ほか天皇賞(春)、宝塚記念ジャパンカップ有馬記念に優勝し、2005年・2006年の年度代表馬となる。2006年にはフランスのG1競走・凱旋門賞に出走するも失格。優秀な競走成績や最後方から他馬を抜き去るレーススタイルから人気を博した。2008年、顕彰馬に選出。種牡馬として2012年度代表馬ジェンティルドンナなど活躍馬を輩出

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

知恵蔵miniの解説

ディープインパクト

牡の競走馬、種牡馬。2002年3月25日、北海道安平町の生産牧場、ノーザンファームで生まれ、競走馬市場で実業家の金子真人に7000万円で落札される。04年に栗東トレーニングセンターの池江泰郎厩舎に入厩。同年12月、阪神競馬の新馬戦で武豊騎乗にてデビューを果たし、2着の馬に4馬身の差をつけて圧勝した。05年には皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞を制し、史上2頭目となる無敗のクラシック三冠を達成した。06年には阪神大賞典、天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念で優勝を果たし、G1歴代最多タイの7勝をあげた。4歳で競走馬を引退し、種牡馬に転身。12年より7年連続で、産駒の獲得賞金の合計が年間最多となるリーディングサイアーに輝いた。19年7月30日、頸椎骨折のため17歳で安楽死処置となった。

(2019-7-31)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

ディープインパクトの関連情報