コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディープインパクト Deep Impact

デジタル大辞泉の解説

ディープ‐インパクト(Deep Impact)

米国の彗星探査機。2005年1月に打ち上げられ、同年7月にテンペル第1彗星に重さ約370キログラムの衝突体を撃ち込んだ。その際、探査機に搭載した各種カメラのほか、ハッブル宇宙望遠鏡スピッツァー宇宙望遠鏡、地上の望遠鏡により衝突の様子が観測された。計画当初の役割を終え、2007年にエポキシ改称。引き続き系外惑星と彗星の観測を行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ディープインパクト

2002年生まれの日本の競走馬。牡馬(ぼば)。史上5頭目のクラシック三冠馬。ほか天皇賞(春)、宝塚記念ジャパンカップ有馬記念に優勝し、2005年・2006年の年度代表馬となる。2006年にはフランスのG1競走・凱旋門賞に出走するも失格。優秀な競走成績や最後方から他馬を抜き去るレーススタイルから人気を博した。2008年、顕彰馬に選出。種牡馬として2012年度代表馬ジェンティルドンナなど活躍馬を輩出

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディープインパクトの関連情報