コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーワーリー Dīvālī

翻訳|Dīvālī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディーワーリー
Dīvālī

ヒンドゥー教の祭りの一つ。「灯明の列」の意。 11月の初旬に行われるが,開催日は毎年変る。女神ラクシュミーを供養する祭りで,寺院にも街中にも灯明が置かれる。灯明が置かれている家にはラクシュミーが幸運や富をもたらすと信じられている。インドのマルワリ人にとっては新年に相当する祭り。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディーワーリー【Dīwālī】

ヒンドゥー教の祭りで,毎年カールティカ(10~11月)の新月の日に行われる。語源であるサンスクリットのディーパーバリーdīpāvalīは〈光の列〉を意味する。冬の播種期を迎える祭りであり,商人たちには新年の祭りでもある。起源は古く,プラーナ(ヒンドゥー教の聖典の一つ)や古典期の文学作品には現在と変わらぬ風俗が描かれている。当日の夕刻,人々は富の女神ラクシュミー(吉祥天)と,〈始まり〉を祝福し障害をはらう神ガネーシャプージャーをささげ,戸口,屋根,門,塀とあらゆるところに小さな土器(かわらけ)のランプを並べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のディーワーリーの言及

【ヒンドゥー教】より

…家庭内の儀礼としては,家住期に毎日行うよう規定されている宇宙の根本原理ブラフマンのためにマントラ(真言)を唱えるブラフマン祭,いっさいの神々の供養を行うバイシュバデーバ祭,いっさいの生物に供物を与えるバリ供養,祖霊を供養する祖霊祭,客人を供養するアティティ祭という〈五大祭〉が中心をなしている。年間に行われる祭りの数は多数に上るが,代表的な諸神をまつる春の祭ホーリー(2~3月),とくにベンガルで盛んなドゥルガー女神の祭ドゥルガー・プージャー(9~10月),ラーマ王子が悪魔ラーバナを征伐した記念のダシャハラー祭(10月),灯火をともし,ラクシュミー女神をまつる灯火祭ディーワーリー(10~11月)などが主要なものである。これらのほかに,ケーララ地方には収穫の祭オーナム,南インドの収穫祭ポーンガルなど地方的な祭りもある。…

※「ディーワーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディーワーリーの関連キーワードジャイナ教

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディーワーリーの関連情報