コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーワーリー ディーワーリーDīvālī

翻訳|Dīvālī

2件 の用語解説(ディーワーリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディーワーリー
ディーワーリー
Dīvālī

ヒンドゥー教の祭りの一つ。「灯明の列」の意。 11月の初旬に行われるが,開催日は毎年変る。女神ラクシュミーを供養する祭りで,寺院にも街中にも灯明が置かれる。灯明が置かれている家にはラクシュミーが幸運や富をもたらすと信じられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディーワーリー【Dīwālī】

ヒンドゥー教の祭りで,毎年カールティカ(10~11月)の新月の日に行われる。語源であるサンスクリットディーパーバリーdīpāvalīは〈光の列〉を意味する。冬の播種期を迎える祭りであり,商人たちには新年の祭りでもある。起源は古く,プラーナ(ヒンドゥー教の聖典の一つ)や古典期の文学作品には現在と変わらぬ風俗が描かれている。当日の夕刻,人々は富の女神ラクシュミー(吉祥天)と,〈始まり〉を祝福し障害をはらう神ガネーシャプージャーをささげ,戸口,屋根,門,塀とあらゆるところに小さな土器(かわらけ)のランプを並べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のディーワーリーの言及

【ヒンドゥー教】より

…家庭内の儀礼としては,家住期に毎日行うよう規定されている宇宙の根本原理ブラフマンのためにマントラ(真言)を唱えるブラフマン祭,いっさいの神々の供養を行うバイシュバデーバ祭,いっさいの生物に供物を与えるバリ供養,祖霊を供養する祖霊祭,客人を供養するアティティ祭という〈五大祭〉が中心をなしている。年間に行われる祭りの数は多数に上るが,代表的な諸神をまつる春の祭ホーリー(2~3月),とくにベンガルで盛んなドゥルガー女神の祭ドゥルガー・プージャー(9~10月),ラーマ王子が悪魔ラーバナを征伐した記念のダシャハラー祭(10月),灯火をともし,ラクシュミー女神をまつる灯火祭ディーワーリー(10~11月)などが主要なものである。これらのほかに,ケーララ地方には収穫の祭オーナム,南インドの収穫祭ポーンガルなど地方的な祭りもある。…

※「ディーワーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone