デオキシコール酸(読み)デオキシコールサン

化学辞典 第2版「デオキシコール酸」の解説

デオキシコール酸
デオキシコールサン
deoxycholic acid

3α,12α-dihydroxy-5β-cholanic acid.C24H40O4(392.56).C-7位のヒドロキシ基が欠如したコール酸.ヒト,ウシヒツジヤギイヌウサギなどの胆汁中に,胆汁酸の一つとして存在する.コール酸より合成される.無色結晶.融点176~178 ℃.+55°(エタノール).pKa 6.58.ベンゼン,水に難溶,有機溶媒に可溶,アルカリ水溶液に易溶.カルボン酸,およびそのエステル類,エーテル類,アルコール類,炭化水素などの種々の有機化合物と分子化合物を形成する(コレイン酸とよぶ).ナトリウム塩は界面活性剤として利用される.[CAS 83-44-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のデオキシコール酸の言及

【コレイン酸】より

胆汁酸の一つデオキシコール酸は種々の有機化合物と安定な化合物を作るが,これらの化合物を総称してコレイン酸と呼ぶ。コレイン酸の中性塩は界面活性剤の性質を持つので脂溶性(難水溶性)の有機化合物の水溶化に利用される。…

※「デオキシコール酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android