デオキシコール酸(読み)デオキシコールサン

  • deoxycholic acid

化学辞典 第2版の解説

3α,12α-dihydroxy-5β-cholanic acid.C24H40O4(392.56).C-7位のヒドロキシ基が欠如したコール酸.ヒト,ウシヒツジヤギイヌウサギなどの胆汁中に,胆汁酸の一つとして存在する.コール酸より合成される.無色の結晶.融点176~178 ℃.+55°(エタノール).pKa 6.58.ベンゼン,水に難溶,有機溶媒に可溶,アルカリ水溶液に易溶.カルボン酸,およびそのエステル類,エーテル類,アルコール類,炭化水素などの種々の有機化合物と分子化合物を形成する(コレイン酸とよぶ).ナトリウム塩は界面活性剤として利用される.[CAS 83-44-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のデオキシコール酸の言及

【コレイン酸】より

胆汁酸の一つデオキシコール酸は種々の有機化合物と安定な化合物を作るが,これらの化合物を総称してコレイン酸と呼ぶ。コレイン酸の中性塩は界面活性剤の性質を持つので脂溶性(難水溶性)の有機化合物の水溶化に利用される。…

※「デオキシコール酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android