コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デオキシリボース deoxyribose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デオキシリボース
deoxyribose

リボースのアルコール性水酸基が水素により置換された糖の総称。特にD-2-デオキシリボースが重要である。化学式 C5H10O4 。これはチミノースともいわれ,核酸の一成分である。甘味をもつ結晶。融点 92~95℃。デオキシペントース核酸の成分として,すべての生物 (たとえば胸腺核酸として) に含まれている。核酸の分解によっても得られるが,純品は合成によって得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

デオキシリボース

 C5H10O4 (mw134.13).

 DNAの構成糖.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

デオキシリボース【deoxyribose】

リボースの水酸基の一つが水素原子に置き換えられた糖。化学式 C5H10O4 塩基・リン酸と結合して、デオキシリボ核酸( DNA )を構成する。 → リボース

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デオキシリボースの関連キーワードレビン(Phoebus Aaron Theodore Levene)ジフェニルアミン反応リン酸エステルヌクレオシドヌクレオチドDNA鑑定ウリジル酸デオキシ糖アルドース炭水化物エステルアデニンレビーン遺伝子糖質

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android