コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デオキシリボース deoxyribose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デオキシリボース
deoxyribose

リボースのアルコール性水酸基が水素により置換された糖の総称。特にD-2-デオキシリボースが重要である。化学式 C5H10O4 。これはチミノースともいわれ,核酸の一成分である。甘味をもつ結晶。融点 92~95℃。デオキシペントース核酸の成分として,すべての生物 (たとえば胸腺核酸として) に含まれている。核酸の分解によっても得られるが,純品は合成によって得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

デオキシリボース【deoxyribose】

リボースの水酸基の一つが水素原子に置き換えられた糖。化学式 C5H10O4 塩基・リン酸と結合して、デオキシリボ核酸( DNA )を構成する。 → リボース

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デオキシリボースの関連キーワードレビン(Phoebus Aaron Theodore Levene)ジフェニルアミン反応リン酸エステルヌクレオチドヌクレオシドDNA鑑定ウリジル酸デオキシ糖アルドース炭水化物エステルアデニンレビーン遺伝子糖質

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android