コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル・デバイド digital divide

翻訳|digital divide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デジタル・デバイド
digital divide

個人のコンピュータリテラシーの差により生じる格差情報格差ともいう。コンピュータインターネットなどに対する習熟度や活用度の違いによって,得られる情報の量や質に差が生じる。その結果,実生活においても格差が発生し,たとえば求人情報を得られる人と得られない人,行政サービスを受けられる人と受けられない人がでてくる。こういった格差は,年齢や居住地域の違いばかりでなく,個人の経済状況や教育水準など,さまざまな要因によって生まれる。情報社会の利便性を社会全体に行き渡らせるためには,こうした格差を解消することが必要とされる。世界中で格差が広がり,その解消が国家的な課題となっている。多くの国では,インターネットや携帯電話の利用状況を調査しながら,通信設備の整備に補助金を出したり,低所得者が通信サービスを利用する際に割引を適用したり,コンピュータの教習を実施するなどしている。(→情報化

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

デジタル・デバイド

コンピューターやネットワークを利用できる人とできない人との間に生じる社会的な格差(デバイド)のこと。情報通信技術への依存度が高まっている現在、コンピューターやネットワークを利用する能力があることは就職や昇進に有利に働き、成功の機会や収入という点で優位に立ちやすい。単に使える人と使えない人の間に格差が生じている状態を指す言葉として用いられることが多いが、低所得者層や発展途上国などにこれらを利用する能力を身につける機会自体が得られない人々が存在するという「機会の格差」も意味している。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

人材マネジメント用語集の解説

デジタル・デバイド

digital divide
・PCや情報システム、インターネットなどのIT技術に精通している人材とIT技術に疎い人材の間に生じるITリテラシーの格差やその格差によって引き起こされる様々な格差のことを指す。
・IT技術の急激な進化により、日常生活の中で、情報機器などの利用が増加すると、それを使いこなせる人とそうでない人との間に得られる仕事の差や賃金差などの経済格差が生じる等の現象が発生する。結果として格差社会を助長する面もあり、社会問題ともなってきている。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

デジタル・デバイドの関連キーワードオフィスオートメーションコンピュータリゼーションらくらくウェブ散策デジタルデバイド地域WiMAX情報化社会電子自治体情報弱者

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android