コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報化 じょうほうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情報化
じょうほうか

人間の知識や概念などを伝達・流通させた「情報」が,テレビやラジオなどのマスメディア,コンピュータなどの装置,インターネットなどの通信ネットワークといった技術による処理が発達することにより,社会組織とそれを構成する人々がいろいろな影響を受けること。英語では情報革命 information revolutionが近い意味をもつ。20世紀後半以後,IT(情報技術)の導入により,工場などの生産現場や企業などの事務処理現場で,生産性品質管理労務管理経営戦略などに関する情報の供給,蓄積,処理が高度に活用されるようになり,仕事の効率が大幅に上がった。また消費関連でも商品選考情報の収集や流通の高効率化で利便性は上がっている。一般の生活や教育現場でも,電子メールやインターネット上のワールド・ワイド・ウェブ WWWによる情報収集・伝達など ITによる活動支援は必要不可欠なものとなっている。一方で,個々人のコンピュータリテラシーの差により生じる格差をいうデジタル・デバイドや伝統的な人間関係の変質,ITを使った犯罪など,情報化に根ざす問題点も存在する。情報化が生んだ社会を情報社会と呼び,経済学社会学の対象となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうほうか【情報化】

情報の活用度が増し、情報の価値が高まること。また、情報技術の進歩によって社会が変容すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

情報化の関連キーワード初級システムアドミニストレータ試験サードパーティーロジスティクスシステムアドミニストレーター情報コミュニケーション学会インテリジェントスクールホームオートメーションコミュニケーション政策文字・活字文化振興法日本情報処理開発協会teletopia東京都立中央図書館電子政府構築計画国際浮世絵学会情報リテラシー情報コンセントネオラッダイトテレマティークテレトピア構想高校の情報教科産業の高度化

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情報化の関連情報