コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デスナ[川] Desna

1件 の用語解説(デスナ[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デスナ[川]【Desna】

ロシア連邦とウクライナにまたがって流れる,ドニエプル川東岸の支流。長さ1130km,流域面積8万8900km2。初めスモレンスク南東方,スモレンスク丘陵の標高約230mの斜面から南へ流れ落ち,ブリャンスクを過ぎてウクライナへ入り,チェルニゴフの下流,キエフの少し北で,東岸からドニエプル川に合流する。下流では,流域に三日月湖や湿地をつくる。平均流量は360m3/s。12月~翌年4月には結氷する。ウクライナ領域の本流は全域定期船が遡航(そこう)する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デスナ[川]の関連キーワードアムール川落合オビ川烏克蘭小ロシアヨーロッパロシアロシア連邦北方四島ウクライナ岩ロシア重輓馬 (Russian Heavy Draft)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone