コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリャンスク ブリャンスク Bryansk

2件 の用語解説(ブリャンスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリャンスク
ブリャンスク
Bryansk

ロシア西部,ブリャンスク州の州都。モスクワの南西約 350km,ボルバ川がデスナ川に流入する地点にある。年代記の 1146年の項に記録されているロシアの古都で,18世紀地元の鉱石と木炭を利用して金属加工業が,19世紀蒸気機関車,車両の製造工場がつくられて発展し,現在,ロシアの主要工業中心地の一つとなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリャンスク
ぶりゃんすく
Брянск Bryansk

ロシア連邦西部、ブリャンスク州の州都。ボルバ川がデスナ川に流入する地点にある交通の要地で、工業都市。人口46万1100(1999)。12世紀から知られるロシアの古い町で、17世紀まで国境の要塞(ようさい)であり、ウクライナ、ポーランドとの交易の中心地であった。工業は19世紀から発展し、レール生産、鉄道車両製造工業などが立地した。ロシア革命(1917)後、各種工業が発展し、機械(ディーゼル機関車、トラクター)、鉄鋼、化学肥料、セメントなどの諸工業が行われている。ロシアの大鉄道分岐点の一つで、7本の線がモスクワ、スモレンスク、キエフ(ウクライナ)、ゴメリ(ベラルーシ)などと連絡している。輸送機械・技術大学、郷土博物館がある。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリャンスクの関連キーワードスモレンスクチェリャビンスクАрхангельскОмскСмоленскКопейскБрянскチブリモスクツィムリャンスク[湖]ブリヤンスク

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリャンスクの関連情報