コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリャンスク ブリャンスクBryansk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリャンスク
Bryansk

ロシア西部,ブリャンスク州の州都。モスクワの南西約 350km,ボルバ川がデスナ川に流入する地点にある。年代記の 1146年の項に記録されているロシアの古都で,18世紀地元の鉱石と木炭を利用して金属加工業が,19世紀蒸気機関車,車両の製造工場がつくられて発展し,現在,ロシアの主要工業中心地の一つとなっている。主要工業は機械 (ディーゼル機関車,冷凍車,トラクタ) ,鉄鋼,化学肥料毛織物,縫製,製靴,建設資材などである。輸送機械・技術研究所,郷土博物館がある。6本の鉄道が集る交通の要地で,モスクワ,スモレンスクオリョールの諸都市や,ベラルーシゴーメリウクライナキエフハリコフなどと連絡している。人口 41万5640(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリャンスク
ぶりゃんすく
Брянск Bryansk

ロシア連邦西部、ブリャンスク州の州都。ボルバ川がデスナ川に流入する地点にある交通の要地で、工業都市。人口46万1100(1999)。12世紀から知られるロシアの古い町で、17世紀まで国境の要塞(ようさい)であり、ウクライナ、ポーランドとの交易の中心地であった。工業は19世紀から発展し、レール生産、鉄道車両製造工業などが立地した。ロシア革命(1917)後、各種工業が発展し、機械(ディーゼル機関車、トラクター)、鉄鋼、化学肥料、セメントなどの諸工業が行われている。ロシアの大鉄道分岐点の一つで、7本の線がモスクワ、スモレンスク、キエフ(ウクライナ)、ゴメリ(ベラルーシ)などと連絡している。輸送機械・技術大学、郷土博物館がある。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブリャンスクの関連キーワードE. ビノクーロフノボズイブコフビノクーロフデスナ[川]ロシア連邦クリンツイリュジノボガボ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブリャンスクの関連情報