コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカ川 オカがわ reka Oka

2件 の用語解説(オカ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オカ川
オカがわ
reka Oka

ロシア西部を流れる川。ボルガ川右岸の最大の支流。全長 1500km。流域面積 24万 5000km2中央ロシア高地中部,オリョールの南に源を発し,初め北流,カルーガ付近から東流,コロムナ付近で左岸にモスクワ川を受けたのち南東流,リャザンを過ぎて草原,湿原,森林の混在する地帯を北東流,右岸にモクシャ川を合せて大河となり北流,左岸にクリャジマ川を受けたのち,東流してゼルジンスクを過ぎ,ニジニーノブゴロド (旧ゴーリキー) でボルガ川に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカ川
おかがわ
Ока Oka 

ロシア連邦西部、ヨーロッパロシア地方の川。ボルガ川最大の支流で、全長1480キロメートル、流域面積約24万5000平方キロメートルロシア共和国南西部オリョール市南方の中央ロシア台地に源を発し、上流は谷が狭いがウグラ川と合流してから谷幅3キロ近く(河床幅400メートル)になり、さらにモスクワ川と合流すると、氾濫原(はんらんげん)の幅は20~30キロメートルに広がる。ニジニー・ノブゴロド市でボルガ川に右岸から合流する。年平均流量は毎秒1230立方メートル。11月から翌年4月初旬にかけて結氷する。首都モスクワに近いため河川交通は活発で、建設資材、木材、石炭、石油などが運搬される。沿岸の主要都市にはオリョール、リャザニ、ジェルジンスク、ニジニー・ノブゴロドなどがある。[津沢正晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オカ川の関連キーワード小糸川ボルガ川ボルゴグラードボルガの舟唄留萌川チュバシボルガ[川]オカ[川]カマ[川]チュバシ[共和国]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone