コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカ川 オカがわreka Oka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オカ川
オカがわ
reka Oka

ロシア西部を流れる川。ボルガ川右岸の最大の支流。全長 1500km。流域面積 24万 5000km2。中央ロシア高地中部,オリョールの南に源を発し,初め北流,カルーガ付近から東流コロムナ付近で左岸モスクワ川を受けたのち南東流,リャザンを過ぎて草原,湿原,森林の混在する地帯を北東流,右岸にモクシャ川を合せて大河となり北流,左岸にクリャジマ川を受けたのち,東流してゼルジンスクを過ぎ,ニジニーノブゴロド (旧ゴーリキー) でボルガ川に注ぐ。 12月初旬~4月初旬は結氷。ボルガ川への流入点から上流約 1200kmのチェカリンまで航行可能。水上交通に大きな役割を果し,汽船がボルガ川からオカ川,モスクワ川を通って,モスクワまで達することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカ川
おかがわ
Ока Oka 

ロシア連邦西部、ヨーロッパ・ロシア地方の川。ボルガ川最大の支流で、全長1480キロメートル、流域面積約24万5000平方キロメートル。ロシア共和国南西部オリョール市南方の中央ロシア台地に源を発し、上流は谷が狭いがウグラ川と合流してから谷幅3キロ近く(河床幅400メートル)になり、さらにモスクワ川と合流すると、氾濫原(はんらんげん)の幅は20~30キロメートルに広がる。ニジニー・ノブゴロド市でボルガ川に右岸から合流する。年平均流量は毎秒1230立方メートル。11月から翌年4月初旬にかけて結氷する。首都モスクワに近いため河川交通は活発で、建設資材、木材、石炭、石油などが運搬される。沿岸の主要都市にはオリョール、リャザニ、ジェルジンスク、ニジニー・ノブゴロドなどがある。[津沢正晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オカ川の関連キーワードニージニーノブゴロドモルドビア[共和国]モルドビア自然保護区ニジニー・ノブゴロドグシフルスタリヌイニジニ・ノブゴロドマロヤロスラベツナロフォミンスクオレホボズエボモルシャンスクモルドウィン人ジェルジンスクオブニンスクストゥピノカルーガ州アレクシンブラーツクセルプホフコトフスクアルザマス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android