コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドニエプル川 ドニエプルガワ

3件 の用語解説(ドニエプル川の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドニエプル‐がわ〔‐がは〕【ドニエプル川】

DneprДнепр》ロシア連邦の首都モスクワ西方バルダイ丘陵からスモレンスクキエフドニプロペトロウシクザポリージャなどの都市を経て黒海に注ぐ川。全長2200キロ。ドネープル。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドニエプル川
ドニエプルがわ

ドネプル川」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドニエプル川
どにえぷるがわ
Днепр Dnepr

ロシア、ベラルーシウクライナを流れ黒海に注ぐ大河。ウクライナ語でドニープロДнiпро/Dnipro、また古代ギリシア語でボリステネスBorysthnsとよばれた。[金窪敏知・須長博明]

自然

ロシア連邦の首都モスクワ西方のバルダイ丘陵(標高250メートル)に発し、ロシア、ベラルーシ、ウクライナを南流して、黒海のドニエプル湾に注ぐ。流長2200キロメートル、流域面積50万4000平方キロメートル。ヨーロッパ・ロシアではボルガ川に次ぐ大河。上流部は氷期のモレーン(氷堆石(ひょうたいせき))からなるスモレンスク丘陵で、混交林地帯をなすが、モギリョフからキエフまでは、ベレジナ、ソジ、プリピャチ、デスナなど多数の支流が合流して広大な氾濫(はんらん)平野を形成し、沼沢地と広葉樹林が占める。中流部はキエフからザポロージエまでで、黄土からなるステップ地帯を通過し、下流部にはデルタを形成する。川の涵養(かんよう)源は、主として雪で、上流部では50%を占め、残りが地下水と雨で、雨の役割が小さい。キエフでの流量は年平均毎秒7000トン、最大2万5000トン、最小200トンで、春の洪水時に年間流量の60~70%、ときには80%が流れる。上流部では12月~4月初旬、下流部で12月~3月初旬に結氷する。[金窪敏知・須長博明]

産業・水運

沿岸には、スモレンスク、モギリョフ、キエフ、クレメンチュグ、ドニエプロペトロフスク、ザポロージエ、ニコポリ、ヘルソンなどの大都市が連なり、キエフ(55.1万キロワット)、クレメンチュグ(62.5万キロワット)、ドニエプロジェルジンスク(25万キロワット)、カホフカ(31.2万キロワット)にはダムと発電所が建設され、ドニエプル重工業地帯の中核となっている(括弧(かっこ)内発電能力)。このうちザポロージエに建設されたドニエプル発電所は、旧ソ連が第一次五か年計画によって1932年自力で完成したもので、発電能力は当初40万キロワット、現在65.3万キロワット。誕生した人造湖はレーニン湖とよばれる。ドニエプル川は水上交通路としても重要で、河口から1990キロメートル上流のドロゴブジまで汽船が航行し、また支流プリピャチ川からドニエプロ‐ブク運河によって、ポーランドのビスワ川に通じる内陸水路も開けている。おもな輸送貨物は、木材、紙、パルプ、小麦、石炭・石油製品などである。下流部のカホフカからクリミア半島までクラスノズナミヤ運河が建設され、灌漑(かんがい)用水として利用されている。ドニエプル川の中・下流域はウクライナ穀倉地帯であり、また第二次世界大戦中の激戦地となった。[金窪敏知・須長博明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドニエプル川の関連キーワードドニエプルДнепродзержинскДніпропетровськНебет тепеНерчинскСреднеколымскПрокопьевскДніпродзержинськНесвижБелгород-Днестровский

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドニエプル川の関連情報