デヒドロゲナーゼ

大辞林 第三版の解説

デヒドロゲナーゼ【dehydrogenase】

酸化還元酵素のうち、生体内で起こる種々の脱水素反応の触媒となる酵素の総称。脱水素酵素。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デヒドロゲナーゼ
でひどろげなーぜ
dehydrogenase

酸化還元酵素の一種で、脱水素酵素ともいう。細胞にエネルギーを供給する手段である生体内酸化還元反応には、脱水素反応と酸素添加反応があり酸化還元酵素によって触媒されるが、生体内における代謝物質の酸化は一般に脱水素反応であり

と表すことができる。このように、基質から水素を離脱し、受容体に移す脱水素反応のうちで、受容体が酸素以外の色素や酸化還元系などのものを限定して一般にデヒドロゲナーゼとよぶ。これらの酵素の触媒する反応は、呼吸、発酵、生合成などにおいて、代謝物質が酸化される第一の段階としてきわめて重要であり、したがって、これらの酵素はエネルギー代謝で基本的な役割を果たしている。基質に対する特異性は一般に高く、基質特異性もタンパク分子としても異なるデヒドロゲナーゼが数百種類も単離されている。その各名称は、代表的な基質の名を頭につけてよばれており、基質の水素供与体の部位によって次のように大別される。
 基質が(1)CH-OHのもの(アルコールデヒドロゲナーゼなど)、(2)アルデヒドまたはケト基のもの(グリセルアルデヒドリン酸デヒドロゲナーゼなど)、(3)CH-CH基のもの(ジヒドロウラシルデヒドロゲナーゼなど)、(4)CH-NH2基のもの(グルタミン酸デヒドロゲナーゼなど)、(5)CH-NH基のもの、(6)NADHまたはNADPHのもの。
 また、デヒドロゲナーゼは補酵素ないしは補欠分子族(補欠分子団)により、2種に大別できる。すなわち、(1)ニコチンアミドヌクレオチド依存性デヒドロゲナーゼはNAD+またはNADP+を補酵素として必要とするもので、アルコールデヒドロゲナーゼやマレートデヒドロゲナーゼなどがある。(2)FADまたはFMNを補欠分子族として含むフラビンタンパク質で、キサンチンデヒドロゲナーゼやNADHデヒドロゲナーゼなどがある。これらの酵素による触媒反応は、補酵素や補欠分子族の光学的性質を利用して、容易に追跡することができる。[飯島道子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のデヒドロゲナーゼの言及

【酸化還元酵素】より

… 生体内の酸化還元反応には水素原子の移動を伴う反応(脱水素反応)が多い。そのために多数の脱水素酵素(デヒドロゲナーゼ)が,生体物質の生合成や相互転換,分解など,中間代謝のさまざまの局面で機能している。特に発酵や呼吸のような,物質の酸化に伴って放出されるエネルギーを,生体が利用できる形に変換する重要な代謝過程においては,種々の有機物質からNADなどの補酵素に水素原子を伝達する反応を触媒する多数の脱水素酵素がはたらいている。…

【脱水素酵素】より

…AH2+B⇄A+BH2のようにあらわされる脱水素反応を触媒する酸化還元酵素の総称。デヒドロゲナーゼともいう。生物のエネルギー獲得手段として重要な生体酸化還元過程,すなわち呼吸や発酵,脂肪酸の酸化などにおいて,代謝中間体AH2は酸素によって直接酸化されるのではない。…

※「デヒドロゲナーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android