コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュパン Dupin, Jacques

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュパン
Dupin, Jacques

[生]1927.3.4. パリ
フランスの詩人。現実と言語との絶対的区別を前提として言語の可能性としての詩を探究する。散文詩登攀』 Gravir (1963) ,『外』 Dehors (75) などのほか,ジャコメッティやミロに関する評論がある。

デュパン
Dupin, Louis Ellies

[生]1657.6.17. パリ
[没]1719.6.6. パリ
フランスの教会史家。 58巻に及ぶ主著『教会著述家新叢書』 Nouvelle Bibliothèque des auteurs ecclésiastiques (6巻,1684~91) は伝記,本文批判,理論の批判をフランス語で綴った画期的書物。 J.ボシュエらの激しい非難を受け,1757年禁書とされた。 13年には回勅『ウニジェニツス』に抗議したため,ジャンセニストとして追放された。晩年は教会合同の計画に尽力した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュパンの関連キーワードポー(Edgar Allan Poe)マリー・ロジェの謎テスト氏との一夜モルグ街の殺人盗まれた手紙推理小説ボシュエ探偵小説サンド

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android