コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュランス川 デュランスがわDurance

翻訳|Durance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュランス川
デュランスがわ
Durance

フランス南東部を流れるローヌ川支流。全長 305km。アルプスのジュネーブル山 (オートザルプ県) 付近に発し,アビニョン南方でローヌ川に合流する。上流の一部は絶景の峡谷となっているが,シストロン下流では川床が広がり,しばしば氾濫を起す。第2次世界大戦後,水力発電灌漑を目的とする多くのダムが本・支流に建設されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュランス川
でゅらんすがわ
la Durance

フランス南東部の川で、ローヌ川の支流。全長305キロメートル、流域面積1万4200平方キロメートル。オートザルプ県北東部モンジュネーブル峠(標高1850メートル)付近に発し、ブリアンソンを経、アルプスの峡谷を西南流し、エンブランの下流でダムによって形成されたセル・ポンソン湖に流入する。湖の西端からふたたび流れ出てバース・アルプの山間を流れ、西流してきたベルドン川との合流点付近でプロバンス地方に入り、西流、ついで西北西流してアビニョンの南西でローヌ川に合流する。流域はフランス有数の水力発電による電源地帯で、発電量年平均60億キロワット時は全国の10%を占める。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デュランス川の関連キーワードアルプドオートプロバンス県ドフィーネ・アルプスディーニュ・レ・バンブナスク伯領ドーフィネドフィーネアプト高橋

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android