コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デルフト デルフト Delft

翻訳|Delft

5件 の用語解説(デルフトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デルフト
デルフト
Delft

オランダ南西部,ゾイトホラント州の都市。ハーグロッテルダムとのほぼ中間に位置する。 1075年に建設され,1264年に都市権を得た。 16世紀以降商業中心地として栄え,17世紀には,デルフト陶器の焼成も始って,市勢は最盛期を迎えたが,18世紀に入って繁栄をロッテルダムに奪われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デルフト(Delft)

オランダ南西部、ゾイトホラント州の都市。東洋磁器を模したデルフト陶器で有名。17世紀の画家フェルメールの生地。オランダ東インド会社の支社が置かれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デルフト

オランダ南西部,南ホラント州の都市。ハーグ南南東8kmにある。1095年に創建され,16―17世紀は貿易で繁栄。また,17世紀には製陶業が盛んになり,以後デルフト陶器はオランダの代表的陶器として知られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デルフト【Delft】

オランダ西部,南ホラント州の都市。人口8万4000(1980)。金属・電機・電子工業を中心とした工業都市工科大学(1842創立)がある。都市として成立したのは1246年。17~18世紀の共和国時代にはホラント州の六大都市一つとして栄え,東インド貿易をはじめ海上貿易が盛んであった。オランダ建国の父オラニエ公ウィレム1世が市内の聖アガタ修道院(現,市立博物館)に住んでいたことから,デルフトは〈公爵の都〉とよばれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デルフト
でるふと
Delft

オランダ西部、ゾイト・ホラント州西部の都市。人口9万6180(2001)。ハーグとロッテルダムの中間にあり、スヒー川が市内を貫流する。デルフト焼で有名な陶器をはじめ、薬品、たばこ、食品などの工業が立地する。町は1075年に建設され、1246年に都市権を獲得、16世紀末より陶器業が発達し、17~18世紀にその最盛期を迎えた。その後一時衰退したが、20世紀に入り近代技術による陶器生産が復活している。またロッテルダムが台頭する16世紀までは重要な商業中心地でもあった。旧市街は四角形の堀で囲われ、ゴシック様式の旧教会と新教会、ルネサンス様式の市庁舎、オラニエ家皇太子の宮殿で1584年にウィレム沈黙公が暗殺されたプリンセンホフなど歴史的建築物を有し、観光客が多い。国際法学者グロティウスや17世紀の画家ヤン・フェルメールの生地で、フェルメールの風景画『デルフトの眺望』は有名。工科大学の所在地[長谷川孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデルフトの言及

【オランダ美術】より

…西正面に接して単独で高くそびえ立つ同大聖堂の塔(1382完成)は多くの追随を生み,以後,塔はオランダ建築の特徴の一つとなった。14世紀にはハレンキルヘがドイツから伝わり,また煉瓦を主建材とし木造円筒ボールトを備えたフランドル・ゴシック式教会堂が北海沿岸地域に広く普及した(デルフトの旧教会など)が,同世紀後半からは石材を用いたより大規模なブラバント・ゴシック建築が優位を占め,15世紀にはいっていっそうの発展を見せる(ス・ヘルトーヘンボスの聖ヤン教会ほか)。ゴシックの伝統は教会堂建築において以後も長らく保たれ,その超克には17世紀の到来を待たねばならなかった。…

※「デルフト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デルフトの関連キーワードアルクマールゴーダホラントライデンロッテルダムナールデンワッセナードルトレヒトヒルベルスム南ホラント[州]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デルフトの関連情報