トインビー(読み)といんびー(英語表記)Theodore Philip Toynbee

  • 1916―1981

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの小説家、批評家。歴史家アーノルド・J・トインビーの息子。第二次世界大戦後に実験的な作風の顕著な新進作家としてイギリス文壇に登場。7人の登場人物の意識の流れを描いた『グッドマン夫人の茶会』(1947)、名門に生まれた老人の回想を中心に展開する『道化師、あるいは別辞』(1961)から『湖からの眺め』(1968)に至る韻文による四部作が代表作。『オブザーバー』紙の書評を長年書いていた。[富士川義之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android