コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歴史の研究 れきしのけんきゅう A Study of History

2件 の用語解説(歴史の研究の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歴史の研究
れきしのけんきゅう
A Study of History

イギリスの歴史家 A.J.トインビーの代表作。全 10巻。 1934~54年刊。さらに2巻の追補が刊行された (1959,61) 。西欧文明への危機感から出発した大規模な文明論。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歴史の研究
れきしのけんきゅう
A Study of History

アーノルド・J・トインビーの主著。12巻。1934~61年刊行。彼は第一次世界大戦が起こったとき、オックスフォード大学トゥキディデスについて講読中、古代ギリシア史と現代史との類似性、すなわち哲学的同時代性の存在を意識し、世界史の比較文明論的考察の発想を得た。さらに1920年、シュペングラーの『西洋の没落』に触発され、その批判的摂取によって明確に文明単位の歴史考察と文明の並行性の考究へと開眼した。
 この著で、彼は従来の欧米の歴史家が抱いた国家を単位とする歴史観や、西欧文明を中心とする文明観を克服し、世界史上に21を数える文明を設定してその等価値性を主張する。さらに文明発生の契機として、ファウストなどにヒントを得て、挑戦と応戦という原理を導入して文明の発生・成長・衰退・解体の諸過程を解明する。とりわけ、文明の衰退・解体に際して、創造的少数者が支配的少数者に変質することによって世界国家の段階に到達するとともに、一文明圏の中に、高度宗教を信じる内的プロレタリアートによる世界宗教と、その外に外的プロレタリアートの戦闘集団が発生して、文明は解体し、動乱時代に入り、文明の一サイクルが終わるという記述は特色がある。それに続いて同時代文明の空間的接触(交流)と時間的接触(ルネサンス)を説明し、歴史における法則と自由の問題を論じる。人間は「自然の法則」の支配だけで生きているのでなく、神の呼びかけに対する人間の応答という「神の法則」のもとに生きており、人間の自由は愛である神によってのみ与えられる。したがって近代西欧文明は「自然の法則」の解明と応用に人類未踏の成果をあげたとはいえ、人類存在の奥義に盲目であったところに西欧文明および西欧化されたすべての現代文明の危機を直視すべきだと説き、高度宗教による文明救済の道を提示している。
 トインビーの歴史研究は、文明の客観的・科学的比較研究から文明における宗教の機能と役割の重視に至ったところに特長があり、反面多くの批判も加えられている。[秀村欣二]
『下島連他訳『歴史の研究』全25巻(1966~72・経済往来社) ▽長谷川松治訳『(サマヴェル編)歴史の研究』全五巻(社会思想社・現代教養文庫) ▽桑原武夫他訳『図説歴史の研究』(1975・学習研究社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歴史の研究の関連キーワードグーチシーリーネーミアイギリス巻イギリスの名車Miniバースデーの日ペルシャの市場にてゆふいんビールトインビーの法則ポンソンビー=フェインイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歴史の研究の関連情報